総理 岡田啓介の憂鬱 Doomsday Armageddon

1960年−1961年 アルマゲドン 全世界最終非核大戦

実質上、大日本帝国が世界の覇者であることにまちがいないのだが、目的は1964年までの完走なのでまだ続くのであった。思えば、ゲーム序盤、意気揚々と始めたものの、まさか20年以上続けると、こうも妄想AARになってしまうというのも、これまたある意味貴重な体験であった。

改めて、AARを読み返していると、艦船計画、核兵器開発計画、軍の戦略配置など、どれだけ無駄な時間とICを消費したことか。もっと賢明な方法もあっただろうにと、反省するしきりである。この記録がインターネットで公開されていると思うとほんとに恥ずかしい。ぜひ反面教師にしていただきたい。

MODについて

1955年以後のユニット問題は、DATAWIKIを見ると、新規追加ユニットMODがあったのに、気付くのが遅かった。新規追加MODには、航空戦艦など興味深いユニットもたくさんあったのにとても残念。DATAWIKIのこまめなチェックをしておけばよかった。

ハルマゲドン 世界最終決戦と言った割には、大日本帝国しか核戦力を持たないのであった。すでに戦略ロケット軍の核弾頭ロケットは30基を超えている。どれだけICを費やしたかと思っているのだ。AI改善ミニMODを導入してから、結構経つのだが大独逸もソ連邦も結局、核施設の建設まで至らなかった。実は、セーブデータまでいじったものの、IC50の施設はやはり負担で後回しになるのであろうか。別にゲームを立ち上げて見るときちんと核攻撃する。どうも時期が遅かったようだ。非常に残念である。

最終戦争勃発

審判の日はこうして非核大戦となるのであった。現状を見ると、激しくなる欧州の独立運動。対ソ連戦でのNATTOのサボタージュ。非常に遺憾ながらNATTOは名前だけの同盟機構であった。

なぜだ!岡田は非常に疑問をもった。我が帝国に忠誠を持っているのはどれだけあるのか?大日本帝国共栄圏と唱えてもこのままでは裸の王様である。それでDoomsday Armageddon 最後の審判として、全世界にあえて問うのである。世界は、大日本帝国の敵か味方か?善か悪か?の2つの答えしかないのである。中立は無い!、

我が帝国は、自主性を求める。従ってこれ以降、我が大日本帝国軍は自軍しか動かさない。当然、傀儡の統帥権も取らない。我が帝国の側に立つのはどの国であろうか?強制はしない。強制は。

それでは
1960年 1月 5日 4:00 : 日本 は 中国共産党 に対して宣戦布告しました。
1960年 1月16日 6:00 : 日本 は ブルガリアに対して宣戦布告しました。
1960年 2月 1日 1:00 : 日本 は メキシコ に対して宣戦布告しました。
1960年 2月15日 1:00 : 日本 は チベット に対して宣戦布告しました。
1960年 3月 1日 4:00 : 日本 は 新彊軍閥 に対して宣戦布告しました。
1960年 3月15日 1:00 : 日本 は サウジアラビアに宣戦布告を行いました。
1960年 4月 4日 9:00 : 日本 は ユーゴスラビア に対して宣戦布告しました。
1960年 4月15日 4:00 : 日本 は ギリシャ に対して宣戦布告しました。
1960年 5月 1日 1:00 : 日本 は ポルトガル に対して宣戦布告しました。
1960年 5月15日 1:00 : 日本 は トルコに対して宣戦布告しました。

こうしてみると、世界の覇者とは言ったものも以外に敵は残っているのであった。しばらく、自主性を見るため大日本帝国は何もしない。その間軍の再編を行う。

大日本帝国軍再編

さて、対ソ連戦終結をもって、大国との戦争は終わった。全世界には、やたら歩兵師団を保有する中小国が、散らばっているのであった。従って、もはや方面軍単位で、移動するには、時間と費用の無駄である。

そこで抜本的な再編である。緊急展開即応軍RDFの誕生である。全世界のどこでも、すぐに対応できるようにする。

まず、空軍の独立化である。統合軍の誕生である。戦闘機、戦術戦闘機、迎撃機、近接航空支援機、全てがF1になったため、海軍・陸軍作戦行動に縛られない航空作戦を行う。以外に戦闘機が航続距離、展開能力、対地・対空攻撃力と緊急対応に使える。我が帝国が、大国になってICに余裕ができたので、航空軍といえるほど大軍を使えるようになったこと。敵に大国は無くなり、中小国の歩兵師団ばかりになり、敵空軍、対空砲の脅威が減ったこと。今後有効な強力な軍となるであろう。

空挺軍の復活、アルムヘムで全滅して以来の再編である。緊急展開能力の高さは目を見張るものがある。旅団にストライカーみたいな装甲車、戦車がつかえればよかったのだが、まあこれはしかたがない。C1輸送機は速度400、航続距離1000である。期待大である。

次に陸戦隊の独立である。緊急展開即応として大幅に増強された。それだけである。自前の空軍もないし、強襲上陸艦もない。それでも、輸送艦による移動は空中機動軍よりはるかにはやい。陸戦隊も精鋭なので打撃力もある。

よく考えたら、前からやってるなと思ったが、気持ちの問題である。調子に乗って作りすぎたのか、なんと人的資源が枯渇するのであった。急遽、歴戦の歩兵を解散するというはめになったが、軍縮と組織改変、質の向上になったので良しとしよう。

緊急展開即応軍RDF
大日本帝国空軍 第1航空軍 源田実少将   F1 戦闘機 4個飛行隊
           第2航空軍 坂井三郎少将  F1 戦闘機 4個飛行隊
           第3航空軍 草鹿龍之介中将 F1 戦闘機 4個飛行隊
           第4航空軍 加藤建夫少将  F1 戦闘機 4個飛行隊
           第5航空軍 福井四郎少将  F1 戦闘機 4個飛行隊
           第6航空軍 渡部友次郎少将 F1 戦闘機 4個飛行隊
           重攻撃飛行軍 河邊虎四郎少将  戦略爆撃機 飛鳥改 4個飛行隊

海軍陸戦隊 一木兵団 一木清直大将  陸戦隊9個
         川口兵団 川口清健大将  陸戦隊9個
         坂西兵団 坂西一良大将  陸戦隊9個
         南海兵団 堀井富太郎大将 陸戦隊9個
         柴崎兵団 柴崎恵次大将  陸戦隊9個

空 挺 軍 第1空挺軍 堀内豊秋大将 空挺9個師団

 アルマゲドン

バルカン、結局この地は湿った火薬庫で、一向に爆発する気もないのだが、しかし、ブルガリアがルーマニアを侵略し始めたので、F1航空軍がさっそく緊急展開し、ブルガリア歩兵を削るのであった。この緊急時にNATTO加盟国はだれも動かない・・・。
eu.png

あれだけ積極的に動くスペインもポルトガルに押される始末。中央アジアに至っては、チベット、新彊軍閥がやりたいほうだいである。ついに、インド領、中国領にまで侵攻し始めた。AIが死んでいるのであろうか?侵略されるままである。
sup2.pngasia.png

もう待てない、緊急展開軍をさっそく派遣する。しかし、緊急展開軍は敵の進撃を止めることはできるのだが、やたらに多い敵歩兵軍を押し返すことはできないのであった。空挺軍もまたも全滅しそうになる。空挺軍はひたすら占領のみに使う。結局、打撃力のある機甲軍、空中機動軍、機動歩兵軍が必要であるという結論になった。まあ緊急展開軍は侵略を止めるのが目的である。

asia2.png
saug.png
sup.png
eu2.png
1960年 8月 26日 2:00 : ユーゴスラビア は今や我が領土の一部です!
1960年 8月 30日 1:00 : ボスニア は 日本 より独立しました。
1960年 8月 30日 7:00 : セルビア は 日本 より独立しました。
1960年 9月 1日 1:00 : モンテネグロ は 日本 より独立しました。
1960年 9月 3日 1:00 : スロヴァキア は 日本 より独立しました。
1960年 10月 1日 8:00 : サウジアラビア は今や我が領土の一部です
1960年 11月 3日 1:00 : オスマン帝国 は 日本 より独立しました。
1960年 12月 1日 8:00 : 新彊軍閥 は今や我が領土の一部です
1961年 1月 17日 13:00 : インド が チベット を併合しました。
こうして、アメリカ大陸を除く全世界において、非核大戦は終了した。結局、自国領土が増えただけである。スペイン、アメリカ連合、インドだけが我が帝国に忠実であった。あきれてものが言えない。懲罰戦争も考えたが、疲れたのと突然の危機の発生でできなくなった。

アメリカ統一

1961年 5月 24日 2:00 : アメリカ連合国 が メキシコ を併合しました。
さて、アメリカ大陸のほうでもメキシコが無くなり、カリブ海諸国、南米を残すのみとなったと思っていたが、大変なことがおきていた!
us1.png
カルフォルニアの色が変わっている。確かにカルフォルニアは傀儡を外しただけだが。
us2.pngus3.pngus4.png
アメリカの領地の復活である。サンフランシスコ条約違反である!帝国に対する重大な反逆行為である!一体何を考えているのか?アメリカ軍の調査をすると、これがまた重大な事実が判明した!

uss.png
アメリカ海軍の復活である!奴はやる気だ!おまけに、キューバ、アルゼンチン、コロンビア、ベネズエラ、ペルー、エクアドル、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、チリ、コスタリカ、ドミニカ、ハイチ、パナマ、カルフォルニアに独立保障までしているのである!もはや一刻の猶予もない。まず我が帝国の同盟から追放した。

アメリカ大陸において最後の決戦が始まるのである!

1962年 第二次南北戦争、ナチスの亡霊を南米に見た!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-18 (木) 22:11:11 (1862d)