総理 岡田啓介の憂鬱 Doomsday Armageddon

1962年 第二次南北戦争、ナチスの亡霊を南米に見た!

昨年に引き続き、審判の日は続く。さらにスウェーデン、アイルランド、レバノンに宣戦布告。世界征服まっしぐらである。しかしここまできたら、全世界を制覇するしかない。

大日本帝国主力空軍機決定

大日本帝国空軍は、主力空軍機を統一する。航空機の高性能化に伴い、開発費、調達費が高騰になり、現在マルチロール機化は必要である。今まで、陸軍・海軍別に開発をしてきたり、部品もばらばらだったので無駄を省き、整備負担の軽減などいいことばかりである。

名称は「F1」で決定。そして、その性能についてどうするか三菱重工に試案を請求した。戦闘機、迎撃機、CAS、戦術機(護衛機もF1)案は以下のとおり。
f1a.pngf1b.pngf1c.pngf1d.png

マルチロール機として、一部の性能重視ではなく、平均的な性能を持つ無難な「戦闘機F1」を主力機と決定した。対空、対地、航続距離とも今十分である。マルチロールと言われて後付だろうと言われそうだが、はっきりいってそうである。岡田は空軍独立の時に気づいてやればよかったと思っていたが、今指摘されたので良い機会だと思っただけである。それにしてもいろいろとコメント欄には勉強させていただけるものである。感謝いたします。

第二次アメリカ南北戦争

スウェーデンはノルウェーが、レバノンはトルコ帝国が併合した。残り南米を残すだけとなったのだが、昨年、予定外の出来事がおこった。アメリカ合衆国が復活してしまったのである。どうも、カルフォルニアの傀儡をはずしたことにより、驚くべきことに、アメリカ合衆国が、「外交」によって中核州を取り戻したようである。これもコメント欄で教えてもらった。全く想定外であった。どちらにしてもサンフランシスコ条約違反である。当然カルフォルニアも同罪である。

1962年 1月 7日 13:00 : アメリカ合衆国 は 日本 によって軍事同盟への加盟を拒否された。
1962年 1月 7日 17:00 : カリフォルニア は 日本 によって軍事同盟への加盟を拒否された。

我が帝国は、アメリカ連合国に、北アメリカ方面を対応させることにした。南北戦争再びである。しかし、南部連合は海軍がないので、海軍は派遣する。ほんとにひさしぶりなので最後の最高の海戦を期待する。海戦が起こりやすい黄金の12隻体制である。

○連合艦隊
直属   山本五十六元帥 空母 大鳳 海鳳 戦艦 大和 武蔵 重巡2 駆逐
 第1艦隊 山口多聞大将 空母 翔鶴 瑞鶴 戦艦 播磨 美濃 能登 軽巡 2 駆逐
 第2艦隊 小沢治三郎大将 空母 翔鳳 蒼龍 飛龍 戦艦 出雲 紀伊 尾張 駆逐
 第4艦隊 栗田健男 大将 空母 雲龍 天龍 戦艦 長門 陸奥 加賀 土佐 軽巡2 駆逐

宣戦布告は我が帝国がしておいた。これ以後アメリカ合衆国軍を北軍とし、アメリカ連合国を南軍と称する。
1962年 1月12日 15:00 : 日本 は アメリカ合衆国 に対して宣戦布告しました。
1962年 1月12日 16:00 : 日本 は カリフォルニア に対して宣戦布告しました。

当初、南軍が動員した戦力は200個師団。しかし、ほとんどの戦力を沿岸部の防衛配置展開しており、またメキシコ攻略に多くの部隊を派遣しているため北部は、がらあきである。
まず、ブラッドレー、アイゼンハワー将軍率いる北軍が一気に、南軍首都リッチモンドに攻勢をかけてきた。互いの首都ワシントン、リッチモンドはすぐ隣である。しかし首都防衛のアトキンソン将軍の粘りにより、頑強な抵抗の前に頓挫させられた。

2月、北軍は、リッチモンド包囲に作戦を変えてきたものの、北軍の動員の遅れから、あと少しで、リッチモンド陥落だったが、南軍のポーリン将軍のシカゴ、インディアナポリス攻略でアメリカ合衆国北部中央の分断の成功により北軍は攻勢に失敗した。

一方、ケニー将軍率いるカルフォルニア軍は、旧メキシコ領の侵攻に成功した。戦勝の勢いでミシシッピー川を越えて、テキサス州へ向かった。
us1.png

3月になって、北軍に対する戦局がはっきりした南軍は、一気に反抗に出て、北軍首都ワシントンでの戦いの末、占領した。せっかくカルフォルニアから買い取った中部もあっさり南軍に蹂躙された。
us2.png

カルフォルニア軍は、優勢に戦いを進めてきたが、これに驚いた岡田が、このままではゲーム終了時に終わらないのではないかと思い、急遽、即応陸戦隊を派遣し、西海岸上陸によって戦いは決した。カルフォルニア軍も、主力の歩兵軍だけでは、ICに勝る南軍を押し切ることができず、これ以降カルフォルニア軍も防衛一辺倒になる。
us3.png

ワシントン沖海戦 最後の海戦

話は前後するが、新アメリカ海軍の出撃を確認したため、今までずっとひまをもてあましていた。大日本帝国海軍が立ちはだかった。
vs.png
1962年 2月 13日 12:00 : 我が国の艦隊が アメリカ合衆国 艦隊とチェサピーク湾 で海戦を行い勝利しました。 以下の艦艇が撃沈されました!アメリカ合衆国 - 18 駆逐隊(駆逐), 25 駆逐隊(駆逐).USS North Carolina(戦艦).USS Portland(重巡)

1962年 2月 16日 23:00 : 我が国の艦隊が アメリカ合衆国 艦隊と チェサピーク湾 で海戦を行い勝利しました。 以下の艦艇が撃沈されました!アメリカ合衆国 - USS Ranger(空母).USS Santa Fe(軽巡).USS Indianapolis(重巡), USS Philadelphia(軽巡).USS San Francisco(重巡), USS Atlanta(軽巡), 2 駆逐隊(駆逐)

1962年 2月 24日 20:00 : 我が国の艦隊が アメリカ合衆国 艦隊と チェサピーク湾 で海戦を行い勝利しました。 以下の艦艇が撃沈されました! 日本 - IJN 武蔵(戦艦).アメリカ合衆国 - USS Alabama(戦艦), USS Washington(戦艦), USS Tuscaloosa(重巡), USS Louisville(重巡), USS Lexington(空母), Sam Houston 海上輸送隊(輸艦)

こうして、最新鋭艦同士の最後の最後の海戦が終了した。歴戦の超弩級戦艦「武蔵」が沈んでしまったが、最新鋭艦の戦艦3隻と撃ちあっての結果であるので不満は無い。この海戦は大日本帝国海軍の有終の美を飾るものだったといえよう。

戦争の終結

1962年6月までに北軍の領土は駆逐され、カルフォルニアも即応陸戦隊の西部海岸の上陸によって全面敗走した。第二次南北戦争は終了した。両軍歩兵師団のみという前世紀型の戦闘のため進撃が遅くリッチモンドを落とせなかったこと、北軍は先の最新鋭艦の海軍再編に大部分のICを使っていたようで、第二次南北戦争は南軍の大勝利に終わった。

1962年 7月 10日 3:00 : アメリカ連合国 が アメリカ合衆国 を併合しました。
1962年 7月 15日 3:00 : カリフォルニア は今や我が領土の一部です!
us4.png

衝撃! 20世紀の最後の真実を見た!!ジャングルの奥地にラストバタリオンは実在した!!

思わぬカルフォルニア軍の進撃に「南米攻略」は中断されていた。ここでいまさらだが、驚くべき事実がわかった。ゲームは1963年12月30日で終了するということである。岡田は、てっきり1964年までできると思っていた。残り1年半しかない。広い南米を前に、岡田は世界制覇は難しいのではないかと思った。

しかし、ここで驚くべき事実が諜報部より連絡があった。大独逸帝国最期の年に、ヒトラーがラジオ放送を通じて言った「まもなく東(大日本帝国)と西(アメリカ)がぶつかりあう日が来るが、そのとき、その結果を左右する決定的な役割を演じるのがこのラスト・バタリアンのドイツ軍である」という演説である。

さらに調査を進め発見した「オデッサファイル」によれば、ナチスが南米におけるネットワークを構築しており、大独逸帝国敗戦後、ナチス幹部の南米への移住が行われていたようだ!元ゲシュタポ長官がボリビア、元リガの強制収容所所長がパラグアイ、ナチス専属医師がアルゼンチン、次にブラジルに渡って、偽名を使って潜伏しているという。

加えて、大独逸帝国の資金を、密かに「スイス」が国を挙げて南米に運ぶのを手伝ってた可能性が強いとのことである。なにが中立だ!そういえばスイス忘れてた。
1962年 7月 21日 7:00 : 日本 は スイス に対して宣戦布告しました。このあとイタリアに併合された。

なぜ、幹部と大量の資金が南米に??ここで、衝撃的な情報が入ってきた。ついに諜報部は謎の暗号と写真を発見したのである。
alienattack [Province ID]:[Province ID]に、"エイリアンインベーダー"国家を誕生させます。
ufo.png
(注)この写真は別プレイでのもので、今回のゲームでは発生していない。

あれ、これは聞いたことがある!!「20世紀最後の真実」。なつかしい思い出した!ノビー、ディストリクトX、チリ、エスタジア、UFO!!!この言葉が意味するところは・・・。南米を攻略せよ!躊躇してはならない!大日本帝国の存続、いや人類の未来がかかっているのだ!

 南米攻略戦開始!

 我が大日本帝国探検隊・・・いや陸軍は、南米はアマゾン、奥地のディストリクトXを目指した。ナチスが戦時中に実験していたUFOの技術を南アメリカのどこかに持ち込んでいる。それだけでなく、UFOの技術はもしかしてナチスの技術ではなく・・・このままでは人類は滅亡する!

1962年 8月 10日 2:00 : 日本 は ブラジル に対して宣戦布告しました。
1962年 8月 19日 17:00 : 日本 は コロンビア に対して宣戦布告しました。

nan1.png
 我々陸戦隊、空中機動軍一行は、とりあえず密林を奥へと前進した。まだ密林ばかりで移動に時間がかかる。こんなことではだめだ、岡田は大日本帝国の全軍をもって南米を攻略することにした。急遽欧州、中東から機甲軍、機動歩兵軍、満州から関東軍、総兵力200個師団を投入した。
1962年 8月 29日 1:00 : 日本 は エクアドル に対して宣戦布告しました。
1962年 9月 4日 6:00 : 日本 は ボリビア に対して宣戦布告しました。
1962年 9月 15日 2:00 : 日本 は ペルー に対して宣戦布告しました。
1962年 9月 26日 12:00 : 日本 は ベネズエラ に対して宣戦布告しました。

コロンビア、ウルグアイ、ベネズエラ、エクアドル、ブラジル、パラグアイ、ボリビアを併合した。ここでも、やたら歩兵を生産しているので、攻略に時間がかかっている。いよいよ問題のチリに迫った。
nan2.png

1962年10月 6日 15:00 : 日本 は アルゼンチン に対して宣戦布告しました。
1962年12月 4日 16:00 : 日本 は チリ に対して宣戦布告しました。
nan3.png

 この密林の先に絶対UFO基地は存在する。調査部によれば先の暗号はチートコードだとわかったのだが、そんなことはどうでもいい。政治家は常に最悪を考えなければならない。時間が無い!大日本帝国は人類を守るために戦うのだ!胸に熱い思いを抱きながら岡田は南米の地図を眺めていた。人類滅亡まで後1年・・・??

1963年 大日本帝国万歳!−完結


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3541d)