そびえと☆わーるど☆こんけすと!(HIP) - 1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと

1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと

1月1日

アイスランド、タイ併合。

1月3日

ドミニカ共和国が動員。

1月5日

ハイチ併合。

そろそろ残る大国を潰しに行く時期に入ったように思う。
フランスに宣戦布告。
&ref(): File not found: "war_against_france.jpg" at page "そびえと☆わーるど☆こんけすと!(HIP) - 1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと";
もちろん欧州戦線だけでなく仏領インドシナ戦線、アフリカ戦線も開かれている。
また、レバノンはフランスの同盟国として我国に宣戦布告。

好戦性も1000の大台に乗る。
立派に後ろ指を差されていることだろう。
もう何も言い返さない。

1月9日

ドミニカ共和国に宣戦布告。

1月13日

チベット併合。

1月14日

フィンランドに宣戦布告。

1月15日

戦時軍経費イベント。
フランスとの戦争がトリガーだろう。
ただし、不満度を下げるために補充以外にICを割り振らないので意味はない。

1月16日

レバノン併合。

1月18日

ドミニカ共和国併合。
アメリカ全域がソビエト下に入った。

中国共産党こと中華人民共和国に宣戦布告。
毛が主席でないとはいえ、道は違っている。
滅ぼさねばなるまい。

1月23日

イェメンに宣戦布告。

1月27日

スイスに宣戦布告。
スイスは誇りある永世中立国として正しい姿勢を貫いていたと思う。
ただ、やはりイデオロギーがいけなかった。

モンゴルの軍事通行権を返上。

1月28日

エチオピアを併合。

1月29日

スイスが予備役動員。
結構な規模だ。さすがスイス。

2月1日

シリアに宣戦布告。

2月6日

スイス併合。
スイスはやはり「民間防衛」にあるような心構えを持った国家なのだろうか。
だとしたらスイスのパルチザン活動は特別な扱いがほしいところだ。

専制独裁国家、イタリアに宣戦布告。

2月8日

内蒙古が我国より独立を宣言。独立戦争を布告。
&ref(): File not found: "independence_war.jpg" at page "そびえと☆わーるど☆こんけすと!(HIP) - 1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと";
やってしまった……。
これは不満度も当然のように上がるのがよろしくない。
不満度との闘いの今、これは悔しい。

2月11日

フィンランド、イェメン併合。

2月12日

モンゴルに対し傀儡解放。

2月13日

フランス最後のVPプロヴィンス、アルジェを占領。
フランス併合。
アフリカ、西欧統一。

なお、内蒙古も併合。

2月14日

ああ、なんと哀れなイタリア。
&ref(): File not found: "poor_italy.jpg" at page "そびえと☆わーるど☆こんけすと!(HIP) - 1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと";
パレルモの部隊を寄せるだけの知恵があったなら。

2月15日

シリア併合。
アジアはモンゴルだけとなった。
さて……。

2月20日

ユーゴスラヴィアに宣戦布告。

2月22日

世界7ヶ所で同時反乱。
&ref(): File not found: "septuble_revolt.jpg" at page "そびえと☆わーるど☆こんけすと!(HIP) - 1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと";
一体何があったというのか。

2月25日

モンゴルは政変を幾度となく繰り返し不安定な状態にあった。
そのようなモンゴルを安定させるべくついにソビエトが動き出した。

モンゴルに宣戦布告。

2月29日

パレルモの闘いでイタリア軍に敗北。
イタリア軍に負けるとは……。
ソビエトに占領されるともう故郷に帰れない、家族や女に会えないという噂でも流れていたのだろうか。
故郷や家族、恋人を護るために戦うイタリア人は精強だと聞く。

3月1日

現在の状況。
&ref(): File not found: "eastern_europe_1Mar1945.jpg" at page "そびえと☆わーるど☆こんけすと!(HIP) - 1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと";
現在攻めている国家のほかはスターリニスト以外無くなってしまった。
多少心苦しいところはあるのだが、それらの国を攻めることとする。
大義名分は思想の統一のための平定とする。

チェコスロヴァキアに宣戦布告。
薄い正面戦力でズデーテンラントを突破できるだろうか。

3月4日

チェコスロヴァキアが予備役動員。
小癪な。

3月5日

ハンガリーに宣戦布告。

3月6日

イタリア併合。
かつて列強と呼ばれた国家は今やソビエトひとつとなった。

3月7日

ブルガリアは好戦性1300超の我国との同盟確率がまだ1%以上である。
素晴らしい国だ。実に賢い。

ブルガリアに宣戦布告。

3月9日

明らかな不具合。
&ref(): File not found: "yugoslavian_switching.jpg" at page "そびえと☆わーるど☆こんけすと!(HIP) - 1945 〜 そびえと☆わーるど☆こんけすと";
標準環境にもある不具合かどうか分からないが、これは酷い。
イベント前に和平が結ばれてしまっているので仕方なく傀儡国家へ。
改めて宣戦して攻めなおすの面倒くさいな……。

そして、ハンガリーは枢軸に留まるを選択。
もしかしたらハンガリーでも起きるかもしれなかったのか。
これはルーマニアも危ない。

3月14日

ルーマニアに宣戦布告。
ハンガリー併合。

3月16日

ブルガリアがルーマニアと同盟。

ブルガリアは撤退部隊でVPプロヴィンスを連続奪取するというお茶目な真似をやってくれた。
戦車主体の攻めだとありがちだ。

3月18日

チェコスロヴァキア併合。
ポーランドに宣戦布告。

3月21日

ポーランドがルーマニアと同盟。

ルーマニアを併合。
何事もなく併合されてくれた。ありがたい。

3月22日

ブルガリア、モンゴルを併合。

ユーゴスラヴィアに対して傀儡解放。

3月30日

ポーランドを併合。
完全な平時となる。

ユーゴスラヴィアを同盟から除名。

非戦期間が続くのもつまらないので、落ちに使おうかと思っていたアルバニアに宣戦布告。
ここまで生き延びられてアルバニアとしても鼻が高いのではないだろうか。
戦々恐々としながら過ごしていた可能性もあるが。

4月6日

アルバニアを併合。
残す国家はユーゴスラヴィアのみ。

4月7日

ユーゴスラヴィアに軍事通行権を返上。

4月15日

ユーゴスラヴィアに宣戦布告。
なびいたところで上手くいかないことがあるという勉強になっただろう。

本当は14日のうちに布告できたのだが、ユニットが減っているせいか尋常じゃない速さで時計が進んでいるため、15日にずれ込んでしまった。

4月22日

ユーゴスラヴィアを併合。
危険なカラジョルジェヴィチ家もここに潰えた。

世界赤化完遂。

ただし、統一を宣言するのは対テロ戦争を終結させてからにする。

4月29日

核施設が完成。
相変わらず設置できない。

5月29日

17時。
最後の無政府プロヴィンス、チリのプエルト・モントを制圧。

世界統一

世界は赤く覆われた。
偉大なるソビエトの旗の下で、世界の人民は幸せのうちに日々を送ることになるだろう。

いんたーみっしょん

赤化した世界。理想の世界。ただひとつの国。
胸を覆う虚しさ。
次回「Epilogue: In the End」。
すべてを手にした者の心のうちは。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (4143d)