モンゴル〜地平線の彼方まで〜

モンゴル近代史

propaganda_MON.jpg

 近現代モンゴルの歴史は、その苦難の道のりと共にあった。チンギス・ハーン
とその子孫達が世界を駆け巡っていた時代は遥か遠く、もはやモンゴルは人口も
少なく産業化からも無縁な、地平線と山岳が連なるだけの地域に過ぎなくなって
いた。
 北と南の大国に挟まれたモンゴルは、近世以来満州族が打ち建てた帝国の支配
下に置かれていたが、18世紀には既にこの帝国とロシアとの間の権益争いの場と
なってしまった。清朝がその落日の憂いにあい、モンゴルは10年にも及ぶ独立へ
の闘争を始めたが、1917年にモンゴルへ入ってきた白軍を、ソ連の支援を受けた
チョイバルサン-スフバートルらが指揮するモンゴル人民党が打倒し、モンゴル
は社会主義政権の下独立を果たす。
 しかし、その後スターリンが絶対的権力を保有するのに呼応して、モンゴルで
はチョイバルサンが独裁体制を築き、集団農業化・粛清が進められた。39年には
満州国とその背後にある日本との間の大規模な国境紛争も経験し、また中国との
領土紛争の火種を抱えたモンゴルは、ますますソ連との関係を深めていくのだっ
た。

はじめに

 今回は、数少ない共産陣営の国の一つであるモンゴルからのAARです。遊牧
民族であるモンゴルが世界史に残した多大な影響とは裏腹に、この時期には全く
力がないソ連の傀儡国となっています。モンゴルといえば、騎兵ということでひ
たすら騎兵にこだわってプレイする方針ですが、世界をどうこうできる国ではな
いので、ソ連の後ろでちょろちょろするのがせいぜいでしょう。
 とはいえ似たような状況のタンヌツバと比べると、イベントで併合されたりす
ることはなく、隣に中国がいるのでいくらか勢力を拡大するチャンスもあるのは
事実です。それもこれも、ソ連がドイツに勝てるかどうかにかかっていますが・・・。

モンゴル1936年〜38年?

モンゴル1939年〜41年?

モンゴル1942年〜44年?

モンゴル1945年〜47年?


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-11 (月) 00:00:00 (3780d)