我が栄光 ドイツ民主共和国AAR

おわたおわた

 ということで後書きです。こんなタイトル出落ち気味のAARに最後までお付き合いいただきありがとうございました。東ドイツで書く以上はどうしてもこのタイトルにしたくなる誘惑に逆らえなかったといいますか。わたしゃ満足でございます。そして中の人は今まで対話型のAARしか書いたことがなかったので非対話型も一度はどうしてもやりたかったのです。この望みも叶って万々歳でございます。

 とりあえず今回のプレイで本編では触れていなかった分のインチキを挙げると、再開時に時折米ソを選んで国内の状況を確認してたことでしょうか。目一杯の核兵器を見る度にぐんにょりしておりました。軍備を整えている時も東側諸国の航空戦力をチェックして「このぐらいなら航空戦の優位を奪えるか?」と生産計画を立てたりもしてました。

 そして当AARに多数のコメントをいただき感謝しております。とても楽しく読ませてもらいました。

ハインリヒ・ミュラーって戦後行方不明になったゲシュタポの長官じゃん……東側のスパイになったって噂は本当だったのか? -- 2007-11-17 (土) 21:08:30

 し、しらんかった!

ドイツのジークフリードライン建設は、ドイツが侵略的意志を持たぬ証拠として歓迎されていました。東方防壁も同じ感じに妄想すればよろしいかと。 -- ペタン元帥の中の人? 2007-11-18 (日) 00:16:21

 それもしらんかった!

海軍大臣のエーリッヒ・バイですが・・・DDシナリオが始まる前の43年12月にシャルンホルストごとお亡くなりに・・・ -- ていとく? 2007-11-19 (月) 01:40:37

 これもしらんかった! 皆様詳しいですねほんと。

ソ連に対しては、パルチ支援じゃなくて核兵器破壊しかけた方がよかったということか -- 2007-11-18 (日) 02:48:27

 プレイ中も核兵器破壊すべきだったかと多少後悔もしました。しかし核兵器破壊はとにかく成功率が低いので、破壊量が生産量にとても追いつきそうになかったので断念したのです。それでもとことんやり続ければ数を減らせることに間違いはないのでやはり意味は大いにあるでしょう。難しいところです。

冷戦シナリオのうpキボンヌ -- 2007-11-18 (日) 17:02:09

 あまりにも適当に作った冷戦状況なので勘弁してください。

ソビエトの戦略爆撃機全部叩き落すってのはムリぽ? -- 2007-11-18 (日) 06:06:54

 開戦前のソ連の戦略爆撃機はそれほど多くなかったのと、狭い国土で防御をするこちらとしてはほとんど密集状態なので全部とはいかずとも殆ど迎撃できるだろうとか甘い予想を立てていました。もっと迎撃機があればそれも可能かもしれません。あるいはゲームスピードを非常にゆっくりにして、自領の隣のプロヴィンスに戦略爆撃機が見えたら即迎撃に上がるなどすれば大丈夫かもしれません。後者は非常にアホっぽく疲れることこの上ないですが……

思うのだがソ連の戦略爆撃機をすべて買い集めれば良かったのではないかと -- 2007-11-21 (水) 13:04:52

 その発想はなかったわ。なんというクレバーなアイデア……
 というわけでソ連と同盟している頃のデータをロードしていくらぐらいで売ってくれるのかしらと試してみたのですが、戦略爆がなぜか外交交渉の譲渡リストの中に見当たりませんでした。戦略爆を持っていることは統計データで確認はできるので持っているのは間違いないのに。謎だ。

もし再戦するとしたら

 今回は開戦が早すぎました。ソ連との戦端を開くのは1960年頃でもよかったかもしれません。工業力も足りなかったですね。実工業力150くらいまで、あるいはもっと伸ばしてもよかったと思います。それと核攻撃に備えて工場は均等に分散させておくべきでした。今回は特定のプロヴィンスに適当に建てすぎました。反省。

 西ドイツにクーデターを仕掛けるとしても第三帝国にならないようにやるべきでした。民主国家宣戦チェックも外しておくべきでした。DDAでプレイするのは始めてだったので、まあチェックしてみるかと気楽にやってしまったのが大いなる過ちです。

 箇条書きにしてみると。

・開戦はもっと遅く
・工場もっと建てる、建設場所はきちんと散らすこと
・ソ連から戦略爆を買えるようなら買い占めておく
・もっと迎撃機を増やすこと、地上攻撃用の航空機はその後でもいい
・あるいは核兵器破壊をひたすらやること
・西ドイツにクーデターするとしても第三帝国にならないようにすること
・陸軍ドクトリンは放棄してアメリカ式かドイツ式にすること

 対策やら改善点は色々とあるものですね。ゲーム後半はすこぶる重いので二度とやりたくないですが。IFルートはやはりなしということで勘弁してください。

 そういや今回はインドが独立しませんでした。もしインドが独立するようなら同盟に引き込みたいところです。弾避けになる相手はいればいるほど楽になることでしょう。

その他のこと

 とにかくいらない子扱いされているレーダー施設ですが、あれはあれでいいものです。レーダーは相手の航空機にペナルティを掛け、技術が最後まで開発されている場合は1レベルあたり約-5%の修正を与えてくれます。最大レベルまで上げれば-50%の修正を相手に与えてくれます。実際にそこまでレベル上げて運用したことはないので本当にそれだけの修正が掛かるかどうかはわかりませんけど。んなもん作る前にもっとやることあるだろヴォケとは思いますが、狭い国土で必死の防空戦闘をする必要があるのならば悪くないかもしれません。あるいはトラップ気味に国境地帯の特定地域にレーダーを固めて置いてみるのも楽しそうです。踏み込んできた敵機を鬼修正で陵辱ですよ。たまらん。どうです、やってみたくなりませんか。ならないですか。しょんぼり。

 他には今回のプレイ中でどうにも解せぬ点がありました。それはAIの核兵器使用頻度が著しく偏っていたということです。使うときはこれでもかってくらいに使うのに、使わない時は全く使わないのです。なんでかなーと思っていたのですが、この疑問はプレイ後半になって解決しました。

 AIはある程度核兵器を使用するとその後はほとんど使用しなくなりますが、ゲームを中断してからロードして再開するとまたドカドカと核兵器を使ってくるようです。原因はわかりませんがそういう仕様なのでしょう。ロードをすると即座に使ってきます。そしてまた使わなくなります。なので今回のように多量の核兵器を持つ国を相手にして被害を抑えるのであれば「全くゲームを中断しない」ことでどうにかなるでしょう。あまりにもしょーもない対策ですが。

おわりに

 そろそろ書くこともなくなってきたのであとがきもこれにて終了でございます。
 最後までお読みいただき本当にありがとうございました。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3963d)