ドイツ帝国海軍は男のロマンだろ

……というところでセーブデータが読み込み不可能になりやがりましたよどういうことですかさー!!
45年までに日本踏みつぶして46年にスカンジナビア蹴り倒して
47年に復活した米艦隊と最後の決戦を挑む計画がすべて台無しになってもうもうもうもう!!!!!!1111!!
これってやっぱPCスペック低いせいもあるんかいなぁ……ヒストリーが長くなりすぎて読み込んでられなくなったとか……
1年前のオートセーブデータは残ってるんだけどそんなんやり返す気力は到底起こせないし

……まぁ そろそろ単調な征服プレイに飽きてきていたし これもまた天命と思って 中途半端ですが
いくらかコメント乗っけた上で お開きとさせていただきます 

総括 自己講評

陸戦

最終的に ドイツ陸軍は
歩兵55個 自動車化13個 装甲擲弾兵30個 戦車39個 守備隊21個 という編成になりますた(若干うろ覚え)
この数字 おそらく世界征服プレーに走っているほかのドイツAARと比べても非常に少ないと思うんだけどどうだろ?
オーストリアをはじめとする同盟国の助けを多少借りたとはいえ
ほぼ独力&空軍の支援一切無しで ソビエト陸軍を完膚なきまでにたたきつぶせたことは
大海軍造成と並んで 今回のプレーでちょっとは自慢できることじゃーないかなと思います
ソ連侵攻開始時で見れば 戦車30弱装甲歩兵10弱しかいなかったしね

多分アメリカも 上陸さえできれば普通に殴り殺せたと思われる なんせ米軍全部合わせて70個師団くらいしかいなかったからな……
おそらく エチオピア方面に移送する端から同盟軍にやられてたor輸送船ごと海の藻屑になっていたんだろうと推定される

日本陸軍も仏印&諸島の攻防戦で80個師団以上を失っていて
大阪上陸が決まった時点で残存約90個師団というところ 艦砲支援も考えると楽勝でひねりつぶせただろうと推測している

まよーするに だ
ドイツの恐ろしく有能な将帥たち&陸ドクの中盤までの優位性&装甲兵力集中運用を併用すれば
比較少数の陸軍兵力でも ソ連相手ですらどうとでもなるということではなかろうか という結論を出しておきます

海戦

とりあえずいわせていただくと
米 英 海 軍 弱 過 ぎ 
結局 今回喪失した大型艦は巡戦&戦艦各1ずつで空母に沈没艦はついに無し
それも両方日本海軍のスコアだから 英米との海戦のキルレートなんて考えるだけ無駄って気分になってくる

まぁ 多数の新鋭空母を集中同時運用するって基本を徹底的に守り続けたが故の結果かなぁと思ったりもするわけだが
にしてもいくらなんでもあっさりやられすぎだろうと
なんせ地中海〜紅海での対イタリア&フランス艦隊戦にすら勝てないとかどういうことかと
伊仏戦艦が米空母を十指に余る数沈めるアホ世界になってるんだからもう何をかいわんやってところ
米AIはもっと戦力整ってから攻勢に出るようにと小一時間以上は問い詰めたい

ドイツ本来の シーレーン妨害系ドクトリンならまだ多少違うとは思うけど(でも経験上そっちでも英艦隊は楽勝で殲滅できるんだよな)
たとえ妨害系ドクトリンであっても 費用対効果考えれば 潜水艦量産するより空母10隻くらい作って
敵艦撃滅に地上支援に通商破壊にと長期間縦横に運用したほうがいいんじゃねーのと思ったりしている今日この頃であります
さほど無理しなくても 開戦までに空母4を主体とする機動部隊をそろえるくらいのICはあるわけだし
ドイツは海軍将校ですら やたら有能な連中そろってるしな

同盟国

今プレイで出現したオーストリア帝国 
AIの都合上とはいえ とにかくともかくアホみたいに歩兵と山岳兵量産してくれて
しかもハンガリーやルマニアみたいに 領内に引きこもることなくどんどん外に出て行ってくれるとても頼りになる同盟国になってくれていますた
歩兵系や産業系技術でもドイツを上回る勢いで研究してくれるからもうホント大助かりというところですはい

あと フランス本国を取り戻して枢軸側参戦してくれたヴィシーフランスだが
これはいまいち微妙なんだよな
なぜだかあんま軍隊作らないから 最終段階で70個師団余りにしかならず
いったいその80を超えるIC何に使ってるのかと聞きたくなるほどの貧武国家 
技術研究では 元連合国たるフランスのそれを引き継いでいるから かなりの数の青写真を持っていてかなりありがたいんだけど
どうも今ひとつぱっとしなかったペタン元帥でありました

日本戦で大活躍のインドは素敵としか
アホみたいな人的資源を生かした物量作戦は中国に匹敵する恐ろしさがあると思われる
なんせICが充分あるもんだから歩兵わさわさ沸いてくるの怖い怖い
英国の至宝ってだけはあります 地味にインフラも整ってるしな

総括

いささか半端な形ではあったけど まぁそこそこ満足のいくプレーですた
アフリカとシベリア 中国の一部と ストレスしかたまらない戦場を同盟国&傀儡国に任せたおかげでいらいら感もあまり無かったしね

38年〜39年に手に入る オーストリア&チェコ本国のIC34
デンマーク ノルウェーのちょびっと
フランスの15から20くらい

これを手に入れることなく 工場拡大もほとんどせず 海軍だけに力注いだとしても
陸でもここまで大暴れできるドイツのポテンシャルを改めて脅威に思いつつ
筆を置かせていただきます

ご愛読まことにありがとうございました また新作を書く機会があればそのときもまたよろしくお願いいたします

ドイツ帝国海軍は男のロマンだろ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-11 (月) 00:00:00 (4144d)