大英帝国騒乱記AAR

1939年3月末日 緊急閣僚会議

g6.png さて諸君、忙しい中よく集まってくれた。

tye.png200.png201.png202.png203.png204.png205.png206.png ………

g6.png 本日は諸君に重大な決定を知らせねばならない。

200.png ……重大な知らせ?

201.png 気になりますな。

202.png まさか先代や先々代のようにトンチキな真似を……(ヒソヒソ)

203.png いや、さすがにそれはないだろう……(ヒソヒソ)

g6.png が、本題に入る前にまずは恒例の現状把握からだ。

g6.png 始めたまえチェンバレン。

tye.png は。不肖チェンバレン、報告を務めさせていただきます。

tye.png ですがその前にひとつ注意点が。

tye.png まことに申し上げにくいのですが、今からご報告する内容は2月初め時点のものでして。

tye.png なので現在の状態とは多少の食い違いがありますがご了承ください。

g6.png それで結構だ。

203.png 要するに区切りの良いセーブデータが残ってなかったんだな(ヒソヒソ)

204.png だろうなあ(ヒソヒソ)

tye.png 黙れこの野郎。

203.png204.png (´・ω・`)ごめん。

tye.png えー、では政体から。

1939100.png

tye.png ご覧の通り、我がイギリスは依然として自由経済派を維持しております。

tye.png ご存じの通りドイツの脅威が日に日に増していることから、常備軍、タカ派、介入主義へと戦時を意識した調整が進んでおります。

tye.png 閣僚は多少入れ替わっておりますが、そう大規模な変更はありません。

tye.png 同盟関係については以下の通りです。

1939101.png

tye.png 連合国は合計二十七カ国の大所帯となっていますが……

tye.png 主要各国の工業力を眺めると何とも不安な気分になれます。

イギリス90/86
フランス87/87
インド48/40
カナダ48/38
オーストラリア40/32

tye.png 他の国となると基礎工業力が良くて10台前半、大半は一桁という有り様です。

tye.png そして内政については以下の通りです。ごちゃごちゃしていて見辛いですがご容赦を。

1939102.png

tye.png 現在も工場を全力で生産中です。

tye.png 人的資源については今まで軍隊を一切生産しておりませんのでかなりの余裕があります。

tye.png 我が国を含めた各国の戦力は以下の通りです。上位五カ国のみ掲載しました。

1939103.png
1939104.png
1939105.png

g6.png ………

tye.png ………

204.png えー、発言よろしいでしょうか。軍関係について私から補足があります。

g6.png 申してみよ。

204.png はい。陸軍は39年式歩兵の研究こそ終えておりますが……

204.png 現在配備されている歩兵師団は全て一次大戦型です。

204.png 何せ工業力は専ら工場生産に費やされていますから改良が全く進んでおりません。

206.png その点に関しては空軍も同様です。全航空隊が依然として旧式のままです。

205.png 海軍も空母航空隊が……

g6.png ………

g6.png つまりまとめると、だ………

g6.png 我が国の現有戦力は3年前と比べて何ら強化されていないどころか、数を考えれば弱体化すらしている、ということだな?

204.png 仰る通りです。

g6.png 結構。では、そろそろ本題に入ろうか。

g6.png チェンバレン、続きを。

tye.png はい。

tye.png 今月の15日にドイツがチェコスロバキアを併合。

1939106.png

tye.png 次いで24日、ドイツはリトアニアへメーメル割譲を要求。

1939107.png

tye.png リトアニアはこの要求に屈し、メーメルをドイツに譲り渡しました。

tye.png そして26日にはイタリアがアルバニアへと宣戦を布告。

1939108.png

tye.png ご覧の通り彼らは領土的野心を剥き出しとして拡張路線を突き進んでおります。

g6.png そこで今日の本題は………

1939109.png

g6.png この件をどう処理するかということだ。

tye.png200.png201.png202.png203.png204.png205.png206.png ………

g6.png 連合国の、そして我が国の窮状についてはこれまでの説明の通りである。

g6.png 仮に我らがポーランドを保護し、遠からずドイツと交戦することになったとしよう。

g6.png その場合、しばらくは仏独国境でマジノ線を境にして両軍が睨み合う格好となるだろうが……

g6.png いずれドイツはマジノ線を迂回してフランス領に雪崩れ込んでくるものと思われる。

1939110.png

g6.png この程度の戦力でドイツの侵攻を阻めるだろうか? まあ、無理だろう。

g6.png ならば我々が援軍を送り、フランスと共にドイツの侵攻を防げるかといえばこれもなかなか難しい。

g6.png 絶対に無理とは言わぬがな。今から全力で陸戦力の拡充を図れば案外と凌げるかもしれん。

g6.png それはともかくとしてフランスがドイツの手に落ちたとしよう。

g6.png ドイツ空軍はブリテン島へと大挙して飛来してくること請け合いだ。

g6.png これを迎撃しきれるかといえば……まあ、案外と可能な気はするが、苦しい展開となるのは間違いない。

tye.png 可能なんですか?

g6.png 陸か空かどちらかに絞ればな。数年掛ければ普通に打ち倒す自信はある。

g6.png だが、正直なところ今の時期から戦争に巻き込まれるのは避けたい。

g6.png 泥にまみれて耐え凌ぐような戦争など御免被りたいからな。

g6.png よって、ポーランドは見捨てる。

200.png いや陛下、それは。

201.png ますますドイツを増長させることになりませぬか。

202.png それに我が国が譲歩したとしてもドイツの方から仕掛けてこぬとは限りますまい。

g6.png 諸君らの言うことにも一理ある。だが、これについて余は判断を曲げぬ。

g6.png 増長だと? 構わん。させておけばいいい。

g6.png ドイツの方から仕掛けてくる? それも構わん。いずれにせよ時間は稼げることに変わりはない。

g6.png だが、今年度中に開戦するのはあまりにタイミングが悪いのだよ。

g6.png 何せ我が国は全く戦争の準備が出来ていないのだからな。

203.png しかしポーランドを見捨てては国民が納得いたしますまい……

1939111.png

g6.png 不満度の上昇などたかが15%ではないか。何か問題でもあるのか?

204.png ………

205.png ………

200.png あんまり問題……無い?

201.png 15%……あの時と比べて約1/7か……

202.png 別に暴動が起こる数字じゃないよなぁ……

tye.png200.png201.png202.png203.png204.png205.png206.png 問題ありません、陛下!!!!!!!!

g6.png だろう? では決まりだな。

 

―――そしてポーランドはあっさりと見捨てられた。

 

1939112.png

大英帝国騒乱記 1939年 Part2 予定調和


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3476d)