大英帝国騒乱記AAR

1949年12月 さよならチャーチル

g6.png ………

tya.png ………

g6.png 元気にしていたかね? チャーチル。

tya.png 至って健康的な軟禁生活を送らせてもらいましたよ。

tya.png もっとも身体はともかく気分は最悪の極みですがね。

g6.png そうかそうか。

g6.png ……ま、事ここに至りお前と言葉を交わす必要も無いのだがな。

g6.png 最後に挨拶くらいはしておかねば寝覚めが悪い。

g6.png お前が屈辱を堪えて宥和政策を引き継いでくれたおかげで余は力を蓄えることができたのだ。

g6.png イギリスは遂に覇道を歩み始めた。それが為せるのは全てお前の功だぞチャーチルよ。誇るがいい。

tya.png ……そうやってチェンバレンのことも労ったのですか。

g6.png 察しが良いな。その通りだ。

tya.png 悪趣味の極みですね。人格を疑いますよ。

g6.png 何とでも言いたまえ。敗者の罵倒ほど耳に心地良いものなどないからな。

g6.png 余は寛大な心でその全てを受け止めてやろうではないか。

tya.png ……

tya.png ……なぜなのです陛下。

g6.png うん?

tya.png 陛下ほどのお方であれば、たとえ先代、先々代が愚行に愚行を重ねた上でも国を正しく導けたことでありましょう。

tya.png なのに、なぜ、このような仕打ちをなさるのですか。

g6.png 言うに事欠いてそれは全くの愚問だな。

g6.png なぜか、だと?

g6.png ただの気紛れだ。余の趣味だ。そして機会がそこにあったからだ。

g6.png いわば娯楽だな。それ以上の何物でもない。

tya.png その為ならばどれだけの人々を無益に犠牲としても良い、と?

tya.png これまでに陛下の指示で虐殺された者、既に相当の数に上りましょう。

tya.png 聞けば好んで無差別な爆撃を繰り返させたというではありませぬか。

g6.png ガリポリの肉屋がよくも言う。

tya.png 誤魔化すのは止めていただこう。

g6.png ………

g6.png 命とは尊いものだ。

g6.png だが、余がひとたびそれを娯楽の種とすると決めた以上、あらゆる生命は余の玩具だ。

g6.png イギリスという国家もそれを効率良く愉しむための道具に過ぎぬ。

g6.png 覇道を歩む理由もまた然りだ。その過程にこそ最も流血があるからな。

tya.png ……貴方が生きていられる内にはそれこそが、というわけですか。

g6.png ほう? 知っているのか。

g6.png ならば隠す必要も無いな。お前の指摘の通りだ。

g6.png 単に散らす命の多寡を問題とするならば、ソビエト連邦でも見習う方が良いのだが……

g6.png 生憎とこの国をそこまで牽引できそうにはなかったからな。

g6.png 故にこのような形に落ち着いたというわけだ。

g6.png イギリスで有効に屍を積み重ねるにはこのやり方が最善だ。

g6.png 余がいつ倒れることになるかは判らぬが……

g6.png あと数年は保つであろう。それだけあれば充分だ。

g6.png その間はせいぜい遊戯に耽らせてもらおうか。

g6.png そうだな、最低でも七桁は殺すぞ。

tya.png ………

tya.png 陛下、貴方は怪物だ。

tya.png 貴方によっては誰も救われることがない。誰も貴方を救えない。

tya.png ただ周囲へと気儘に破壊をもたらすだけの怪物だ。

tya.png それ以外の―――何物でもない。

g6.png ………

g6.png は、はは、は―――

g6.png ふははははああははあああぁああ!!

g6.png 怪物か!! 怪物ときたかッ!!

g6.png チェンバレンは余を屑と言ったが、お前の言いざまはそれ以上であるなァ!!

tya.png 違うとでも?

g6.png いいや、その通りであるぞ! それで構わぬッ! お前の言うことは尤もだ!!

g6.png だがなチャーチルよ! 人間が怪物に勝てるものか!

g6.png 故に貴様は負けたのだ! 故に余は世界を征服できるのだッ!!

g6.png 余は極めて得心したぞ! だからこそ余は比類無き王者として君臨できるのだ!!

g6.png 今生の別れはしておくものだな! まさかこれほど愉快な気分になれるとは思わなかったぞ!

tya.png そうですか。お楽しみいただけたようで臣下としては何よりですよ。

g6.png く、く、く―――もう少しお前と話しても良いが、これだけ堪能すればもう充分だな。

g6.png では、そろそろお別れするとしようか。

g6.png お前と閣僚達も後で冥府に送るとチェンバレンにも約束したことだしな。

tya.png まったく律儀なことで。

g6.png チャーチルよ。罪状は何が好みかね?

tya.png 反逆罪で結構ですよ。

tya.png その方が派手に名が残りますしな。私の名誉欲も満たされる。

g6.png そうか。では横領罪にしてやろう。

tya.png ……文句を言うのは止めておきましょうか。陛下を愉快にさせるのも癪ですしな。

g6.png それだけでも充分に愉快だぞチャーチルよ。

tya.png 左様ですか。ではこれ以上はもう何も言いますまい。

g6.png さらばだ、チャーチル。

tya.png ええ。陛下もお元気で。

tya.png 貴方が早々に地獄へ落ちるよう、我ら閣僚一同で神様に嘆願しておきますよ。

g6.png 結局、最後まで減らず口を―――

 
 
 

1949200.png 1949201.png

1949202.png 1949203.png

大英帝国騒乱記 1950年 終わりと始まり


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3479d)