大英帝国騒乱記AAR

1950年12月 怒りの日

1950122.png

g6.png ……いつかはこうした事態も起こるとは思っていたが。

g6.png よりにもよって一番手がインドとはな。

oz.png 対日講和も結んだことですし当面は問題無い気もしますが。

g6.png 当面は、な。

g6.png だが再び日本を相手にするにせよソビエト連邦と戦うにせよインドの歩兵は有用だ。

g6.png ……とりあえず本人の話を聞いてみるか。

g6.png デリーに回線を繋げ。プラサド大統領を呼び出すのだ。

oz.png は。

 
 
 

g6.png ああ、プラサド君かね? 余だが。

pra.png そろそろご連絡がある頃だと思っておりました。

g6.png そうか。では釈明を聞かせてもらおうか。

g6.png なぜに同盟から離脱したのかね?

pra.png なぜ、ですと? ご自分の胸に手を当ててごらんなさい。

pra.png 先々代に独立を助けられたことには感謝しておりますが……

pra.png 正直に申し上げてこれ以上は付き合い切れませぬ。

pra.png 我々は日本軍と戦いビルマの地を守り続けました。

pra.png 義理は充分に果たしたものと考えております。

pra.png ですが、最近のイギリスのやり方は目に余る。

pra.png 対日講和が結ばれたこれを機として我らは連合国を離脱致します。

pra.png それがインドの決定です。悪く思わないで頂きたい。

g6.png ほう……

g6.png その言、翻す積もりはないのかね?

pra.png ございませんな。

g6.png ふむ。そうか。

g6.png では――――地獄に落ちるがいい。

pra.png それは一体どうい

 
 

ガチャン

 
 

g6.png 言葉通りの意味に決まっていようが。

g6.png モズリーよ。

oz.png は。

g6.png インドに対して通行許可の破棄を伝えよ。

oz.png ………もしかして戦る気なんですか?

g6.png 当然だろうが。

g6.png 裏切り者には苛烈な制裁を加える。それが余の統治ガイドラインだ。

g6.png これも丁度良い機会である。余の本気というものを見せてやろう。

g6.png インドだけではない。あらゆる国に対してだ。

oz.png はあ。

oz.png ………にしても陛下、裏切られた割には随分落ち着いてらっしゃいますね。

g6.png ………

g6.png そう見えるか?

oz.png ええ。

g6.png これを読んでも同じ事が言えるかねモズリーよ?(ひらひら

oz.png 何ですかそれ。

g6.png 余の命令書だ。読んでみよ。

oz.png では拝見致します。

 
 
 
 

oz.png ……

oz.png ……本当にやるんですか、これ?

g6.png 当然だろうが。

oz.png しかし、これはいくらなんでも。

g6.png 構わん。

oz.png 相手は昨日までの同盟国ですよ。

g6.png 最早敵だ。

oz.png 国際社会の非難とか。

g6.png やれ。

oz.png い、イエス、マイロード……

1950年12月〜1951年1月 物騒な花火

oz.png 12月16日、我が国はインド共和国に対して宣戦を布告。

1951100.png

g6.png どうしたモズリーよ? 額が汗だらけではないか。

oz.png ……い、いえ、そんなことは。

g6.png その様子だと命令は確かに伝えたのだな?

oz.png は、アイタペ基地には何度も念を押して陛下のご命令を遂行するよう指示を出してあります……

g6.png ではそろそろか。

 
 
 
 
 

oz.png アイタペ基地より入電!

oz.png 大陸間弾道弾、全基無事に発射を完了したとのことです。

g6.png 良し! 良しッ! 良し良し良しッ!!

1951101.png

g6.png きたぞ きたぞ!!

g6.png 世界よ、刮目するがいい!

g6.png これが―――神の力というものだッ!!

1951102.png

1951103.png

g6.png はは、は、ふはははははぁああああッ!!!

g6.png たまらん、これはたまらぬな!

g6.png 今まで溜め込んでいた甲斐があったというものだ!

g6.png 僅か二時間で都市が六つ! 六つ消えたというわけだ!!

g6.png モズリーよ! 急ぎ戦果の詳細を確認するのだ!

oz.png は―――

 
 
 
 
 

oz.png えー……我が国は東南アジアのアイタペ基地より水爆搭載の大陸間弾道弾六基をインド共和国の各主要都市に向けて発射。

oz.png これらは全弾予定通りに着弾し、各都市は壊滅致しました。

oz.png 主要都市を失ったことでインドの工業力は激減。着弾前のおよそ1/4まで落ち込んでおります。

1951104.png 1951105.png

oz.png また、この前代未聞の攻撃に対してインド共和国全土は未曾有の混乱状態に陥り、首都デリーを始めとして各地にて暴動の気配が見られます。

1951106.png

oz.png 既に一部のプロヴィンスは暴徒によって支配されている模様です。

1951107.png

g6.png 素晴らしい、実に素晴らしい! やはり数を叩き込むと効果が違うな!

g6.png 所詮は脆弱な民主制、国民の不満も抑えきれぬ惰弱な政体よ!

g6.png そしてここで手を緩める気など毛頭無いぞ。

g6.png 空軍に命じよ。戦略爆撃航空隊を出撃させるのだ。

g6.png 目標は何でも構わぬ。目に付いた端から絨毯爆撃せよ。

1951108.png

 
 
 
 
 

oz.png 陛下、プラサド大統領から電話ですよ。

g6.png 首都を焼け野原にされても生きていたのか。

oz.png みたいですね。

g6.png まあいい、受話器を寄越せ。

oz.png へい。

 
 
 
 

pra.png ジョージ六世王よ! ……これは一体どういう積もりか!

g6.png どういう積もりか、だと? 自分の胸に手を当てて聞いてみよ。

g6.png 余は警告した。お前はそれを無視した。実に簡単な道理ではないか。

pra.png ふざけるな! 貴方は良心の一片も持ち合わせてはいないのかッ!

g6.png そんなものはどこかに置き忘れて久しいな。

g6.png それよりも今後の事について話し合おうではないか。

g6.png 余は裏切り者には容赦せず苛烈な制裁を加えるが……

g6.png それ以上に余は寛大であることを旨としていてな。

g6.png 己の浅慮を悔い改め、地に額ずいて和を乞うのならば受けてやっても良いぞ?

pra.png このような仕打ちをしておきながら、今更何を言うのだ殺戮者め!

g6.png やれやれ、素直ではないな。

g6.png まあ降伏するというのであればいつでも受け付けるぞ?

g6.png 気が変わったら言ってくるがいい。

1951109.png

 
 
 
 

g6.png モズリーよ。

oz.png は。

g6.png もう一発食らわせてやれ。

g6.png プラサド大統領は己の立場がまだ解っていないようだからな。

oz.png ………

 
 
 
 

1951110.png

1951111.png

 
 
 
 

oz.png 食らわせてきました。

g6.png よし。戦略爆撃航空隊はそのまま全土への爆撃を継続せよ。

1951112.png

g6.png 陸軍が到着次第、一気に踏み潰すぞ。

 
 
 
 

oz.png 陸軍の第一陣がパキスタン領カラチに上陸しました。

1951113.png

g6.png では前進を始めよ。核攻撃によりインド軍は今や統制の取れぬ弱兵の群れであることは疑い無い。

g6.png 首都デリーを目差して突き進むのだ。一切の容赦は要らぬからな。

g6.png 立ち塞がるもの全てこれを蹂躙し殲滅するのだ。奴らが頭を下げるかあるいは滅ぶまで、な。

 
 
 
 

oz.png 陛下、こちらをご覧下さい。

g6.png うん?

1951114.png

g6.png ………ほほう。これは、これは。

oz.png 国民不満度によってインド軍は-37%の戦闘修正を受けております。

oz.png で、戦闘修正は不満度の約半分となりますから……

g6.png つまり今のインドは70%以上の国民不満度を抱えているというわけか。

oz.png おそらくは。

g6.png く、く、く―――たまらんな。核の集中運用というものは。

g6.png 閉鎖性の強い国家に対してはこういかぬであろうが、民主開放国家には全く効果覿面だ。

g6.png さて、後は蹂躙するだけであろう。インドが音を上げたら余に報告せよ。

oz.png は。

 
 
 
 

oz.png えー、その後も我が軍はインド領を勝手気儘に踏み荒らしまして、1月16日には首都デリーを占領。

oz.png デリー占領後、即座に降伏勧告を行ったところインドはこれを受け容れました。

1951115.png 1951116.png

g6.png 丁度一ヶ月で終わったか。見せしめとしては上出来であったな。

oz.png そしてインドは降伏に伴い閣僚陣は総入れ替えとなり、政体も大幅に変更されました。

1951117.png 1951118.png

g6.png よし

 
 
 
 

oz.png というわけでインドへの仕置きも一段落しましたが……

oz.png これからどうしたものでしょう。

oz.png やはりドイツと決戦なさるので?

g6.png 当初はその積もりであったのだが……

g6.png インドを相手に水爆を大盤振る舞いしてしまったからな。

g6.png 直ぐにドイツを相手にする気が失せてきたのは確かだ。

g6.png ………

g6.png まあ、せっかくここまで待ったのだ。一つ試してみたいことがある。

oz.png といいますと?

g6.png 実行するなら一年以内に着手することは確かだな。

g6.png それについては追々明かしてやろう。

oz.png ……何を考えていらっしゃるのだか。

大英帝国騒乱記 1951年 Part2 更なる戦争を求めて


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3542d)