大英帝国騒乱記AAR

1951年4月以降

oz.png 1951年4月26日、連合国は中国国民党……日本勢に向けて宣戦を布告。

1951300.png

oz.png ……ところでこれ、戦争名はどうなるんでしょうね?

oz.png 日米の太平洋戦争はずっと続いてますし。

g6.png 知るか。

oz.png まあ便宜上、我が国の立場から極東戦争とでも呼称しておきましょう。

g6.png 休戦期間が半年では区切りをつける必要があるのかすら疑問だがな。

g6.png ともあれ宣戦布告はしたのであるな?

g6.png ならば早速戦略爆撃機を飛ばせ。中国の工業力を削り取るのだ。

oz.png へい。空軍には既に出撃命令を下してあります。

1951301.png

g6.png 敵の迎撃機がすり減り次第、遠方に向けても飛ばして行け。

 
 
 
 

oz.png えー、北ベトナムに待機していた機甲軍団が中国南部へと突入いたしました。

1951302.png

oz.png 以後、可能な限り現地に留まり国民党軍を引き付ける予定です。

g6.png 行けるようであればマカオ辺りまで進んでも構わぬぞ。但し海南島との補給路は死守するのだ。

 
 
 
 

oz.png カニンガム提督麾下の主力空母機動艦隊が移動を開始しました。

1951303.png

g6.png そうだ。本土上陸前に露払いをさせよ。

g6.png 海戦さえ制すれば上陸作戦は成功したも同然であるからな。

 
 
 
 

oz.png で、そのカニンガム艦隊ですが本土近海で帝国海軍と会敵。

1951304.png

g6.png 双方共に空母山盛りだな。

oz.png 沈めたり沈められたりしていますが基本的には優勢です。

g6.png 結構。港湾攻撃は仕掛けなくても構わんぞ。適当に哨戒して適当に沈めろ。

 
 
 
 

oz.png そして中国南部で小競り合いをしている間に。

1951305.png

oz.png 我が国の誇る王立海兵隊が大日本帝国首都東京へと上陸を果たしました。

1951306.png

g6.png 作戦は極めて順調だな。

oz.png は。間もなく後続の部隊も上陸を完了し、これより本州の制圧を開始します。

1951307.png

 
 
 
 

oz.png それから約一ヶ月が経過し、我が軍は日本本土の大半を掌握。

oz.png 頃合いかと思い降伏を勧告してみたのですが………

1951308.png

oz.png 拒否されました。彼らは徹底抗戦を叫んでおります。

g6.png 諦めの悪い奴らだ。

g6.png では予定通り作戦の第三段階へと移行せよ。朝鮮半島に向けて軍を送れ。

g6.png 完全併合も視野に入れてVPプロヴィンスから優先的に占領するのだ。

oz.png ではそのように。

 
 
 
 

oz.png まあその後も作戦は極めて順調に進みまして。

oz.png 朝鮮半島も大部分を制圧し、再三降伏を勧めてみても日本は徹底的にこれを拒否。

1951309.png

oz.png 仕方がないので併合を目差すことにします。

1951310.png

g6.png そうだな。満州はその後でよかろう。

 
 
 
 

oz.png でー、8月下旬の段階で併合可能となりまして。

g6.png 次第に進行が投げやりになってきたな。

oz.png これでもかというくらいに順調で特筆すべきことが無いんですよ。

g6.png 左様であるか。

oz.png そして最後の降伏勧告を行ってみたのですが、これも拒否されましたのですぱっと併合しました。

1951311.png

g6.png 強情な奴らであったな。

g6.png 余の手を煩わせた褒美として、後で日本列島を面白おかしく改造してやろう。

oz.png 併合時点での勢力図はこんな具合になりました。

1951312.png

g6.png 不要な領土など重荷でしかないのだがな。

oz.png では朝鮮でも独立させておきますか。

g6.png そうしろ。

1951313.png

 
 
 
 

oz.png 陛下、国民党がごめんなさいを言ってきました。

1951314.png

g6.png 割譲される領土に目を通すのも面倒だ。拒否しておけ。

g6.png 国民党には全面降伏以外は認めぬと伝えよ。

1951315.png

oz.png それは嫌だそうです。

g6.png 我が儘な奴らだ。

g6.png ………

g6.png ところでこの調子で戦争終了まで続けるのか?

g6.png 余は飽きて来たぞ。

oz.png では足早に行きます?

g6.png そうしろ。

 
 
 
 

oz.png 9月7日、朝鮮半島の分断が発生。

1951316.png

oz.png 翌日、ビエト連邦による北朝鮮の支配が発生。

1951317.png

 
 
 
 

oz.png しかし我が軍はその後も順調に進撃を続け。

1951318.png

oz.png 9月24日には満州を併合。

1951319.png

oz.png 次いで10月28日には蒙古国を併合。

1951320.png

oz.png 蒙古国を併合した段階で、満州及び蒙古国を独立させました。

1951321.png

 
 
 
 

oz.png そして後顧の憂いを断ったところで国民党領の本格的な蹂躙を開始。

1951322.png 1951323.png

oz.png それにしても陛下、中国大陸に乗り込んでいる我が軍は80師団弱と決して多くはなく、これだけ戦線が広いといくら質で圧倒的に勝ろうとも少々辛くなってきたのですが……

oz.png せめて軍団をもう少し分割させてくださいよ。基本的に今は1軍団あたり9師団か12師団編成じゃないですか。

g6.png それはならん。

oz.png なぜですか。

g6.png 指示を出すのが面倒だからだ。

oz.png やっぱそういう理由ですか……

oz.png 薄々と察してはおりましたとも。これまで貿易も物資輸送も全自動ですからね……

g6.png うむ。

1951年12月16日

g6.png ときにモズリーよ、今日は何月の何日であるか?

oz.png は? えーと、12月16日ですが………

oz.png ああ、そういえば政体スライダーを動かせる日ですか今日は。

g6.png やはりか。

g6.png モズリーよ、我が国の政体をもう一歩独裁へとスライドさせるのだ。

oz.png ということは……

1951324.png 1951325.png

1951326.png 1951327.png

g6.png そうだ。これでイギリスは国家社会主義者となったのだ。

oz.png で……それに何の意味があるんですか。

oz.png 既に陛下の権力基盤は盤石でしょうに。

g6.png ………

g6.png 例えば我が国がドイツにクーデターを仕掛けたとして……

g6.png 今までならば、新たに国家元首の座に就くのはヴィルヘルムやヒンデンブルクとなっていたことだろう。

g6.png しかし我が国が国家社会主義者となった今……ドイツにクーデターを仕掛けても。

oz.png 国家元首は……伍長閣下のまま?

g6.png その通りだ。

g6.png ドイツはこれまで何度も連合国を襲う機会に恵まれながら動くことはなかった。

g6.png それは賢明な判断だ。己の分を弁えているということだ。

g6.png 余はヒトラー総統の良識に報いようと思う。

g6.png 今こそ彼を、ドイツを、我らが友邦として迎え入れようではないか。

g6.png ドイツを枢軸同盟という枷から解き放ち、我が同盟に加えるのだ。

oz.png ………

oz.png もしかして、今までクーデター仕掛けられたのにずっとしなかったのは……

oz.png ヒトラー総統と同盟したいから、って理由だったんですか……?

g6.png そうだよ?

oz.png く………

oz.png くっだらNEEEEEEEEE!!!

oz.png あんたそんなくだらんこと考えていたんですか!!

g6.png 奴の方から戦争を吹っ掛けてくれば話は別であったぞ?

g6.png だがドイツはここまで耐えたのだ。それは評価してやらねばな。

g6.png 閣僚を適性ある人物に変えてから工作開始だ。

1951328.png 1951329.png

g6.png 総統を余の前に引きずり出せ。そうすれば後は余が説得してやる。

oz.png へーい。

oz.png んじゃモルヒネデブとかにお手紙出しておきますわ。

g6.png そうせよ。なるべく急ぐのだ。

1951330.png

1951年12月 征伐再開

oz.png それはそれとして中国戦線の様子ですが。

oz.png 基本的に戦闘では負け知らず、順調に浸食しております。

1951331.png

oz.png 17日には主力機甲軍団が南部の山岳地帯を踏破、東南丘陵を駆け抜ける態勢に入りました。

1951332.png

oz.png ですが有効補給率がそろそろヤバい数字に達しております。五割を切りそうです。

g6.png それがどうした。多少は無茶をしてでも今ここで国民党を打倒せねばならぬ。

oz.png まあ向こうさんもかなりいっぱいいっぱいのようですけどね。

oz.png ごめんなさいを言う姿もかなり板についてきました。

1951333.png

g6.png だが断る。蹂躙続行だ。

oz.png もう戦勝点は70に達していますが、それでも全面降伏は嫌だそうですよ。

1951334.png

g6.png 日本といい国民党といい、アジアの蛮族どもはどうしてこうも強情なのだ。

oz.png 年内の決着は苦しくなってきましたな。

g6.png くそ……なんたる屈辱だ。

g6.png だが我が軍が優勢であることには変わらぬ。西からは同盟国軍も押し込んでいる。

g6.png 何としても早々に国民党を屈服させるのだ。

oz.png 努力致しますよ。

1951年12月 いっぱいいっぱい

g6.png ……

g6.png …………ッ……

g6.png まだ、だ……まだ余にはやり残した事が沢山あるのだ………

g6.png お楽しみはこれからなのだぞ……!

g6.png ドイツを懐柔し、ソビエト連邦を打ち倒し、果ては合衆国を蹂躙するッ……!

g6.png その大望に片手を掛けた今ここで……なぜ、余が倒れよう……!

g6.png ……

g6.png だ、が……

g6.png 認めねばならぬ現実もある、か………

g6.png もう、長くは……保たんな………

大英帝国騒乱記 1952年 Part1 或る王者の死


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3597d)