ドイツ

通商破壊AAR 〜デーニッツ提督の夢〜

書いた人は空の神兵の人。

Doomsdayになって見向きもされなくなった(?)潜水艦による通商破壊。輸送船団沈めるなら、たしかに海軍爆撃機を飛ばしてるほうがよく沈むしね。ということは秘密にして、"通商破壊は強いのに、どうして誰も使わないんだ!"という勝手な思い込みの元、潜水艦による通商破壊の有用性をデーニッツ提督を通してお伝えしようというAARです。

環境

困難・普通
DD ver1.2 日本語化
主要なMOD
GIP0.5
DAIM for DD
SMEP

潜水艦隊司令デーニッツの第一歩、早期開戦を総統に説く

いきなりデーニッツおじさんらしくないわけだが、どうせ開戦するなら早いほうがいいのである。イギリスの広大な植民地からはわんさか資源が湧き出す。つまり開戦が遅れれば遅れるほど資源が溜まって行ってしまうのだ。これではせっかくの通商破壊も効果半減である。

早期開戦を視野に入れつつ、次は戦争準備だ。GC1936年のドイツなら最初の2年ほどは工場建設がセオリーだが、今回はなしでいく。その代わりにUボートを量産するのだが2つの選択肢、主力Uボートの候補としてVII型(36年)とXI型(38年)がある。より新しいXI型は高価(IC1.5倍)な割りに性能の伸びがイマイチ、VII型はそれに比べてコストパフォーマンスが良いという特徴だ。純粋に通商破壊に勤しむならコストパフォーマンスに優れたVII型で決まりだが、今回は多少の戦闘もアリ、の方向で行くので少しでも性能のいいXI型を選んだ。

その他、ドイツ潜水艦隊のために陸軍と空軍には多少の不自由は我慢してもらうことにしよう。レーダー提督の海軍再建計画、Z計画は言わずもがなである。

デーニッツ提督の戦略、大西洋にピケットラインを引く

一気に飛ばして、1938年3月アンシュルスの季節だ。Uボートも歩兵も最低限揃ったことだし、今回はこのタイミングで戦争を始めることにする。元オーストリア軍の移動を待たずに数時間後にはオランダに宣戦布告。軽くオランダを降伏させ、ベルギー半分を蹂躙していたところで英仏がドイツに宣戦布告。史実より1年ちょっと早い世界大戦が始まった。

さて、現在XI型Uボートを18ライン(IC45)で量産中なのだが、開戦時点までには49隻揃えることができた。史実では22隻だったので悪くない数だ。これを大西洋に配置しようと思うのだが、ここで大事なのは大西洋を横切るように配置することである。よって敵の輸送船団は少なくともどこかで引っかかるはず、というわけだ。さらにこのピケットラインを何本も作れるなら、それに越したことはない。

49.jpg

補足のSS。グリーンランドからイベリア半島にかけての4つの海域を4つの潜水艦隊が活動中。これに穴があると著しく戦果が減る(ような気がするのだが、ちゃんと検証したことはない。間違ってたらごめんね)。

48.jpg

2年ほど早めのフランス侵攻。電撃戦には違いないんだろうが、戦車もアルデンヌの森もどこ吹く風。歩兵と砲兵によるシェリーフェンプランもどき。

まだ開戦から一ヶ月だが、連日のようにUボートから撃沈報告が届いている。そのUボートのスコアはすさまじいことになっており、イギリス輸送船だけでも30日間で248隻を沈めた。シナリオスタート時点でのイギリスの輸送船数がちょうど1000なので、増えてなければ大よそ1/4を沈めたことになる。あと3ヶ月でイギリスの輸送船が尽きる計算だ。ほんと笑える戦果だ。

さてヴィシー政権を打ち立て、途中イギリスにバルト海沿岸に上陸されつつも、デンマークを無血降伏に追い込んで返り討ちにしてやった。宣戦布告による不満度も落ち着いたところで、次なる狙いはジブラルタルとついでにフランコスペインだ。Uボート基地として、ジブラルタルとラコルーニャがボルドーよりもずっと適しているのである。この2点を抑えれば地中海とアフリカ沿岸、北大西洋で暴れまわることができるからだ。副産物としてイギリスの地中海経由インド航路を遮断できる(これはHOI上意味がないらしい。コメント書いてくれた人ありがとう)。いいこと尽くめだ。フランコには悪いが、中立スペインはとても容認できないのである。

08.jpg

スペインを独立させるか問われる。フランコ独裁政権倒しておいて、再びフランコが登場したらどうしよう。とか思ってしまうわけだが、Uボートの維持費もばかにならないので代わりに負担してもらうべく独立させる。独立させてみたところ、フランコはちゃんと失脚していた。少なくとも最初の一ヶ月ぐらいは・・・。ちなみにこのイベント、傀儡スペインではなく同盟スペインになる。

海軍司令デーニッツの激闘、Uボートを率いて出撃する

スペイン併合後は不満度上昇に嫌気が差して侵略戦争は控える。そして1939年を迎えた。待ちに待った指揮官デーニッツと海軍司令デーニッツと研究チームデーニッツのご登場である。海軍司令の方は潜水艦攻撃力+10%と今回のプレイには打ってつけの修正が得られる。指揮官デーニッツはスキル5、大いに活躍してくれるはずである。すぐさまUボート群を与えて出撃させる。もちろん研究チームも準神レベル。

さて、さらなるUボート基地を求めるドイツの次なる狙いはイタリアである。イタリア半島は地中海のど真ん中にあり、ドイツとも陸続きで補給が簡単。是非ともUボート基地を置きたいところだ。手っ取り早いのはイタリアと手を結ぶことだが、それは北アフリカ、特にスエズを放棄するようなものなので到底受け入れられない。イタリアの貢献に期待するべきところはほとんどないのだ。そうなれば、スペインと同じ運命を辿ってもらうしかないだろう。またすでにジブラルタルをコントロールしているので、イタリアへの連合軍の上陸もたいして脅威ではないのである。

57.jpg

もう何度目か知れないロイヤルネイビーとの戦い。潜水艦運用のおまじない、ゲーム速度を落として五つ数える、そして脱出。5時間すれば海戦から抜けられるため、よほど運が悪くない限りせいぜい1隻が中破といったところで収まる。その1隻だけを潜水艦基地に送れば、ほとんどロスなしに通商破壊を継続できるのだ。

09.jpg

イタリアを傀儡に。SMEP作者様、せめてYes or NO選ばせてください。と最初は思ったが、イタリア海軍が指揮下に入ったのは大きい。特にリットリオ級2隻は心強い。まあ、陸軍は大半を包囲殲滅しちゃったんであんまり期待できないんだけど。

010.jpg

MR協定。フランスを下しドイツはもはや2正面作戦ではないのだから、結ぶ意味もない。腹黒スターリンの増長を封じ込めるのだ。という大儀名文の元、ポーランド戦の準備をしていなかったは秘密にしておこう。しかし不満度+10はどうなんだ。むしろ国民は喜んでくれるような。

イタリア軍でもなんとかなるものである。ジブラルタルさえ抑えれば、つまり英空母さえいなければ、イタリア海軍に恐れるものなし。流れるようにエルアラメイン、スエズ、テルアビブへと上陸し、イタリア軍らしからぬ強さで連合軍を撃破する。半年で北アフリカからペルシャ湾までを制圧し、地中海から連合軍を一掃した。バスラ港をイギリスより奪取したので、さっそくUボートをインド洋に展開しインド沿岸にピケラインを引く。

一方ヨーロッパは、大西洋の戦いを除けば一時的にせよ平和である。ポーランド、ユーゴスラビアへの侵攻も回避し、のんびりイギリスの希少鉱物が尽きるのを待っているところだ。Uボートからの撃沈報告もずいぶん減ったので、たぶんもう輸送船団の大半は狩りつくしたのだろう。ここ一年近く、イギリスの希少鉱物収支は-40から-60の間を行ったり来たりである。まあ、待っていればそのうちに尽きるはずだから、ただ待つのみ。

58.jpg

傀儡イタリアの栄光。ドゥーチェじゃ百年かかってもできそうにない広大な領地を手に入れた。もちろん、その分はきっちり働いてもらいますけどね。

59.jpg

ついに来た。IC200ちょいがIC88まで落ちている、ジョンブルの希少鉱物が尽きたのだ。開戦からだいたい1年7ヶ月で備蓄を空にできた。ところでチャーチルはどうしちゃったんのかしら。戦争の成り行きが良くないんで、選挙で負けたのか?

デーニッツ提督の勝利、アシカ作戦発動

ブリテン島工業地帯の大部分が停止した。Uボートの勝利である。今こそ、アシカ作戦開始の時だ。

まずはじめにルフトバッフェとイタリア空軍の迎撃機24個師団を投入して、RAFを駆逐する。海峡沿岸から始めて徐々に徐々にイギリス海峡、イングランドへと進む。RAFがピタリと止み、一時的にでも次にイングランド上空の制空権を握ったところで、イギリス海峡への艦艇攻撃とイングランドへの戦略爆撃を開始する。ロンドンなどの僅かな希少鉱物産出地をも空爆し、ただでさえ足りない希少鉱物を奪い尽くすのだ。

60.jpg

バトルオブブリテン。さすがのRAFも満足に補給が受けられなくては役立たず、一方的な戦いになる。

RAFがいなけりゃ怖いものなし。イタリア海軍爆撃機とスツーカがイギリス海峡で暴れまくり、英空母4隻が沈む。残りの空母、戦艦もことごとくスカパフローに移動するかあるいは沈めた。もはや制海権はこちらのものである。いよいよ上陸作戦開始だ。イタリア海軍とクリークスマリーネ共同作戦で、ドイツ海兵隊がまずドーバーへ上陸を試みる、失敗。次は薄くなったプリマスへ試みる、成功。ピストン輸送で陸軍をプリマスに送り込み、勝敗は決した。その後は数の暴力でイングランド、ウェールズ、スコットランドへと突き進み、和平イベントを迎える。

68.jpg

このプレイのハイライト。砲兵つき強襲海兵隊6個師団でプリマスに上陸、確保した。ブリテン島上陸を達成する。

69.jpg

マチルダ堅ー、ってところか。重戦車つき戦車2個師団で70個師団を防いでるよ。まあ、未だにドイツ陸軍のほとんどは36年式歩兵なんだけどね。それにしてもやっぱりすごい。

71.jpg

なんというかショッキングなほど哀れなロイヤルネイビーの最期。指揮統制が底を突きもはや移動することもかなわず、スカパフロー港内で航空攻撃に沈む。と思ったらタイミングよく和平イベントが発生、しぶとく生き延びた。

012.jpg

ほんとに運がいいなと思いつつ、地球の裏側までイギリス政府と名の付くものを追いかける気力もないので、和平案を承諾する。そしてイベントが続く・・・。

イギリス植民地が独立。ヴィシーが自由フランスを併合。ヴィシーの枢軸入りなどなどイベントの目白押し。結果、戦争は終りました。最終的に連合国として残ったのはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、オランダ。一方、枢軸はドイツ、ヴィシー、イタリア、スペイン、アイルランドと中近東の国家群といった感じ。もはや勝負にならず、ドイツ軍は全部引き上げて完全な戦勝ムード。

デーニッツ提督の世界戦略、欧州集団安全保障のため奔走する

一応海兵隊を連れて南アメリカのオランダ領を奪い取ったが、もうこれ以上輸送艦で届くプロビンスがない。未だに宿敵であるソ連やアメリカは残ってはいるものの、ヨーロッパを制覇した今あえて戦争をする理由も見出せない。特に独ソ戦は不可避なようだが、第三帝国にとってはたいした脅威でもないだろう。既にイギリスは倒れ、フランス、イタリアが味方についている。加えてドイツは中東を抑えているので、カフカスへ圧力をかけることもできるのだ。もはやソ連にとってドイツへの宣戦布告は自殺行為だろう。

だがしかし、それでは足りない。腹黒スターリンを押しとどめるにはより強力な安全保障体制が必要なのだ。ということで欧州各国に資金をばら撒き、同盟あるいは不可侵条約の締結を進める。

77.jpg

外交の勝利。何度断られたことか。イギリスとヒトラーが手を結ぶという歴史的快挙(?)の達成。

バルカン諸国、ポーランド、イギリスを同盟に加え、世界に冠たる第三帝国共栄圏が誕生した。いやまあ、どうみてもEUなんだが。さすがのスターリンもこれには手を出せないだろう。世界はドイツを盟主としたヨーロッパ、アメリカ合衆国、ソ連の3強によって動かされていくこととなる。ちなみに日本は中国を下し第4位といったところにあり、未だ戦争中の連合国(オージー+カナダ+オランダ領東インド)が第5位といったところか。

78.jpg

最終的なドイツと愉快な仲間たち。ここまで来るのに1万ライヒマルクはつぎ込んだ。同盟に入ってなくても、たいていの国とは不可侵条約を結んである。

まあ、今回の戦争は第2次世界大戦と呼べるほど世界的なものでもなく、むしろ欧州大戦といった感じのものだった。比較的短期間小規模に終ったのでヨーロッパは荒廃を免れ、アメリカとソ連が超大国への道を歩む前に、第三帝国の元ヨーロッパを結集させることができた。ここに大きな意義があると信じたい。ヨーロッパは大戦後の長い期間においても、世界の富と名誉の中心であり続けるのだ。

感想とか

01.jpg

というわけで勝利状況はこちら。単独でソ連に負けてるのがなんとも嫌な感じだ。日本が3位につけて、んー、だれが勝ったのかはっきりしない。

潜水艦による通商破壊の有用性というテーマだったんだが、潜水艦は非常に使える、とはとてもいえそうにない。せいぜい、潜水艦はそこそこ使える、といったところか。潜水艦による通商破壊はじわじわ首を絞めていくようなやり方なんだが、いかんせん時間がかかる。イングランドを落とすだけなら、さっさと海爆作って上陸しちゃえ、ってのが一番効率いいだろうね。

潜水艦vs.水上艦についてだが、これはほとんど勝機なし。夜間の戦闘、スキル6中将潜水艦スキル持ちという条件で何とか食い止めつつ多少のダメージを与えられるという程度、昼間でお日様が出てると間違いなくぼこぼこにされる。もちろん駆逐艦数隻ぐらいなら勝負になるし、稀に引っかかる輸送艦のみの部隊なら1,2隻沈められる。それと任務によって潜水艦の頑丈さ(やられ難さ?)が違うみたい。輸送船襲撃なら簡単には沈まないけど、艦艇阻止の最中に捕まると逃げ出す間もなくドンドン沈む。という傾向があったような気がする。

最終的にUボートは200隻を少し超えたぐらいになった。うん、デーニッツ提督もお喜びだろう。38年以降はUボート以外特に作るものが見当たらず、独ソ戦は41年か42年までないし、ICが余り続けた。まあ、それでもなんとかできちゃうのはドイツだからだろうね。

最後にイタリアだが、傀儡にすれば案外役に立つ。リットリオ級2隻やら輸送艦20個などかなり役に立つ。それと中近東を占領させればドイツのTC負担を軽減できる。もちろん、傀儡にしても指揮権取らなきゃ意味ないけど。

最後の最後に、今回のプレイでの不思議世界MVP、クウェートプロビンスだけの国家イラク。それでは、

80.jpg

完結しちゃってるけどコメント欄

  • さーて妙な位置にコメントがあってイマイチな感じもする -- 中の人 2006-12-26 (火) 16:29:46
  • すんごいな・・・ブレストから船団破壊に行かせた9隻がイギリス主力艦隊道連れに・・・前回は18隻がイギリス主力艦艇過半とフランス全主力艦艇を道連れに・・・流石無印w -- 2006-12-26 (火) 16:45:19
  • 通商破壊は経験値稼ぎには使ってるけど、ここまで大規模にやったことは無いなぁ何はともあれ、お疲れ! -- 2006-12-26 (火) 18:14:36
  • イギリスのインド通商路はジブラルタルとスエズを握っていても、喜望峰周りが設定されてると思う。輸送ルートは全般に距離じゃなく海域数の少ないルートで設定しているようなので、HoI全般に兵站面での地中海の重要性はあんましないかも -- 2006-12-27 (水) 05:56:00
  • これは凄いなあ・・・ -- 2008-06-21 (土) 19:19:12
  • 見てるとおもしろいけど自分ではやりたくないシリーズ -- 2010-12-10 (金) 13:35:49


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-10 (金) 13:35:50 (2540d)