ルーちゃん&ハーちゃんの米国世界征服日記☆へ戻る

米国世界征服日記☆ 1939年 気付く人々へ戻る

40年初め

ルー.png 諸君、今年が最後の準備期間だ。

ルー.png 我々は1941年初頭に連合国侵攻、ダスク作戦の第一陣としてカナダ侵攻を行う。

ルー.png この作戦は可能な限り早く終了されなければならない。

ルー.png 我々に残された準備期間は凡そ半年、その間に十分な戦力整備が必要だ。

ルー.png まずはコーデル、状況を頼む。

ハー.png わかりました。

ハー.png とは言えどそれほど報告すべき事柄はありません、手短に済ませましょう。

5.png

ハー.png ICは見ての通りです。もう何も言うべき事はありません。

ハー.png 資源についてはやはり希少資源に乏しく、4月ごろにはマイナスに。

ハー.png その後も工業力の増強に伴って加速度的に減少していくでしょう。

ハー.png 現在の技術、軍備については省略します。今は殆ど無いに等しいので。

ぱっとん.png 次に私の方から軍備増強の基本計画を。

6.png

ぱっとん.png まず海軍主力は潜水艦と定め、パーチ級を41年1月までに30隻生産。

ぱっとん.png 航空戦力は戦闘機を10連続5並列、戦術爆を10連続10並列、CASを10連続10並列。

ぱっとん.png 以上を以って航空戦力で敵を圧倒し片っ端から殲滅する。

ぱっとん.png 陸戦は39年式歩兵を15連続15並列、3号戦車を5連続5並列、39年式司令部を10連続2並列、以上全てに自走砲旅団を同伴させます。

ぱっとん.png 以後余剰ICが生ずるたびに順次機械化を推し進めつつ追加生産を行います。

あいん.png わしの方からは特に無い。

あいん.png 基本的にはライン系を重視しつつ満遍なく研究じゃ。

すぷる.png こっちからも今年は特に無いな。

すぷる.png とりあえず資源の類は物資をばら撒いて希少資源を除いて集める。

ルー.png 成る程、概要は把握した。

ルー.png それと、私は今年限りで表舞台から去る*1

あいん.pngぱっとん.pngすぷる.png (……?)

あいん.png はて、それでは後継の大統領は?

ハー.png 問題ありません、既に用意しています。

ぱっとん.png 準備が良いな……。それにしたってどうして態々そんな事を?

すぷる.png 同感だな。別に今のままでも構わないような気がするが。

ルー.png 以前の計画ではそれで良かったのだがな。旧大陸で戦争が始まらないとなると問題が出たのだ。

ルー.png それでは諸君、新たな同志を紹介する。ハリー・S・トルーマン君だ。

ハリー.png ご紹介に預かりました、ハリー=トルーマンです。どうぞ宜しく。

あいん.png こちらこそ。よろしく頼むぞ。

ルー.png 実行は4月頃を予定している、そのときには諸君らにも協力を願う。

ルー.png 以上、この場は解散とする。時間は無い、各員全力を尽くせ!

ハー.pngあいん.pngぱっとん.pngすぷる.pngハリー.png はっ。

変革

7.png

1940年の世界はさしたる変化も無く過ぎ去っていった。
3月27日、ラトヴィアがソヴィエト連邦に吸収され地図上からその姿を永遠に消したが
世界の注目は大半がソ連とドイツの動静に向いており、一小国の消滅など気にも留められなかった。
それはアメリカ国内とて同じであった、だが。

8.png

4月12日、合衆国全土をあるニュースが駆け巡った。
第32代大統領であるフランクリン・ルーズヴェルトが倒れたのである。
以前より時折体調不良を訴えていた事から予期された事件ではあったものの寝耳に水であった事に変わりは無い。
翌13日に意識を取り戻したルーズヴェルトは『健康上の理由』を原因とする政界引退を表明。
本来11月に行われるべき選挙は5月まで繰り上げられその間の代理としてハリー・S・トルーマンが大統領となった。
副大統領ですらない人物が仮に代理であったとしても大統領となるのは
本来ありえない事ではあったが、その期間が1ヶ月と無い事もあり多くの国民は深く考える事は無く選挙を迎える。

9.png

5月8日、第33代大統領にはルーズヴェルトの後継者を標榜する民主党のハリー・S・トルーマンが選出された。
今や国民は間違いなく正義の戦争を望んでいる。
その対象はチベット等と言う伊達と酔狂の塊のような国家ではなく、英国とその取り巻きであった。
総統があまり表立って荒事を起こさなかった事、そしてトルーマンの演説が実に巧みであった事。
この二つの要因が複合して見事、合衆国国内において連合国は資源を独占する自由経済の「敵」の役割を割り当てられた。
それらの結果と、ニューディール政策の副産物たる圧倒的な工業力を背景に合衆国は急速な軍拡へ向けて舵を取る。

・5月10日

ハー.png 予想以上に上手くいきましたね。

ルー.png 我ながら素晴らしいな。

あいん.png いやいや、巧みな演技でしたぞ。あれじゃ誰も疑いますまい。

ぱっとん.png それにしたってこんなに見事に行くとはな。

すぷる.png 計画は完璧だった、それだけの事だとも言えるがな。何はともあれ良かった。

(ガチャ)

ハリー.png いやいや、大統領の椅子と言うのも中々……。

ぱっとん.png 33代大統領殿のお出ましだな。

ハー.png お疲れ様です。

ハリー.png なに、私は唯単に敷かれたレールを滑っただけですよ。それよりこれからの事ですが。

ルー.png 今年一杯は只管軍拡あるのみだ。ダクス作戦の詳細は41年1月に改めて伝達する。

ハリー.png わかりました。表の方は任せてください。

11月18日

18.png

40年11月18日、少し雪のちらつくワシントンD.C.で軍事パレードが行われた。
陸軍のその威容もさる事ながらもっとも注目を集めたのは空軍だった。
少し前までは南米の弱小国家とどっこいだったそれらは比較にもならない程の技量と物量を国民に見せ付けた。
この時点で合衆国空軍には戦闘機5個、戦術爆撃機10個、近接航空支援機10個が存在し、
その質量共に世界最高を誇っても差し支えないレベルであったがそれはあくまで第一段階に過ぎない。
今後2年以内にその量は実に10倍、総計250個を揃える史上かつて無い規模の大空軍が現出する。

灰色の空を往く鋼鉄の鳥達。
味方にはその身を守る守護神に、敵には全てを吹き飛ばす破壊神に。
それぞれ違った面を見せる彼らは今はまだ、ワシントンの空に優雅な舞を見せていた。

アメリカ合衆国の誇る脅威の生産力、以前はドイツ・ソヴィエトと肩を並べる程度だった。
しかし今は違う。
もはや比肩する者無き合衆国の実力は今だその片鱗しか見せていない。

40年総括

ルー.png それではまずコーデル、頼む。

ハー.png はい。

11.png

20.png

25.png

ハー.png 重要なものは二点です。

ハー.png まず、コンピュータ技術の基礎が確立しました。

ハー.png 41年より速やかに研究を開始させます、これは技術開発の進展速度を向上させるだけでは無く

ハー.png 様々な方面に応用が可能な技術となるでしょう。

ハー.png 資源収支に関しては以上です。

ハー.png 当初の予測通り希少資源は4月中に赤字に転じ、その後一貫して下がり続け既に-80。

ハー.png やはり危惧は当たりました。この上は一刻も早い資源地帯の確保が望まれます。

ハー.png 最悪交渉での買いつけも視野に入れる必要があるでしょう

ハー.png 立地上資源地帯への侵攻はもう暫く後になると思われますので。

ハー.png ICは実効907の基礎698、言わずもがなです。

ルー.png ご苦労、次に表側の報告を。

ハリー.png 議会の掌握は既に終了しています、開戦に伴う国民への影響は可能な限り抑えます。

ハリー.png とは言えある程度の反発は避けられないのも事実。

ハリー.png 暫くは配慮が必要かと。

すぷる.png 彼の発言に付け加えるとすれば周辺諸国の動きでしょうな。

すぷる.png これに乗じて宣戦布告をしてくれれば後々手間が省けます。

すぷる.png 望み薄かもしれませんが。

10.png

12.png

13.png

16.png

すぷる.png 具体的な国家間の動きとしてはこの程度。

すぷる.png 何れも大して大事ではありませんが……。

すぷる.png 強いて言えばバルト三国が完全に消滅した事によってドイツとソヴィエトが隣接した事ですな。

24.png

あいん.png 技術開発は順調じゃ。

あいん.png ただライン系に手間を取られて遅れ気味の部門がある。

あいん.png 大した影響は無いだろうが来年はそっちの分配を増やす必要があるぞい。

21.png

22.png

23.png

ぱっとん.png 陸海空各軍の戦力はこのように。

ぱっとん.png 陸軍の不足は否めないが、カナダ相手には十分でしょう。

ぱっとん.png とても3ヶ月で揃えたとは思いますまい。

ぱっとん.png 海軍はロイヤルネイヴィー相手には少々不安が残ります、潜水艦戦で圧倒しつつ

ぱっとん.png 引き続き戦力の増強を進めるべきです。

ぱっとん.png 空軍に関しては言う事はありません、戦闘機の不足が目立ちますが

ぱっとん.png 遅からず補充できる上この物量、負ける要素は無いと断言しても問題ないですな。

ルー.png ご苦労だった。

ルー.png 諸君、もはや用意は整った。

ルー.png 我々はいよいよ世界に変革をもたらすべく行動を開始する。

ルー.png カナダは最初の犠牲者だが他の国家も何れ同じ末路を辿る事になろう。

ルー.png これよりカナダ侵攻作戦の詳細を説明する。

米国世界征服日記☆if 1941年 中立潰しの米帝様へ進む

蛇足の番外編・どうでもいい次回予告

星条旗.png

ハリー.png カナダ侵攻、それは地獄の戦いの序章に過ぎなかった。

ハリー.png 降りしきる雪の中、装甲車の有効活用法を探る一行はチャーチルと拳の語り合いの末に友となる。

ハリー.png 次回、米国世界征服日記☆は

ハリー.png 「合衆国戦隊ガルダン」

ハリー.png 「Beam me up, Scotty」

ハリー.png 「馬鹿が戦艦でやってくる」

ハリー.png の三本でお送りします。

ハリー.png この次もサービス、サービスゥ!

今度こそ米国世界征服日記☆if 1941年 中立潰しの米帝様へ進む

米国世界征服日記☆ ドイツの兵士共は化け物かへ進む(番外編)


*1 苦肉の策です、DDならばスパイでどうにかなるけど無印では好戦性を上げられないのでトルーマンの特性で打開を図りました

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (4085d)