ヴィシーフランスAAR

VP1.png

furansowa.png 安寧の微睡みの内に国防の責務を怠った政治家達のツケを払わされる時が来た。今や共和国は崩壊し、北部フランスはナチの占領下にある。世界に広がる戦乱の中、今老元帥に出来ることが何かあるのだろうか。

petain.png 戦乱をさらに世界中に拡大するとか、どう・・・?

1940年 新たなる政府、起動なの!

現状

furansowa.png さて、フランスが降伏しヴィシー政権が成立しましたので、まずは状況報告を。

pic0.png

furansowa.png 何が一番まずいかと言いますと、介入度が最低なのです。宣戦布告をするとあっという間に不満度が増加します。

petain.png 後1ポイント独裁に振れば儂はファシストになるのか。

furansowa.png 閣僚にもろくな人材がいないように感じます。

d56.png ちょっとまったぁ!

petain.png なんだね騒々しい。君は確かイギリスに脱出して自由フランスを率いているのではなかったのかね?

pic2.png

d56.png そうだ。だが脱出した先がこれとはどういう事だ!

pic4.png

furansowa.png これは確かにひどい・・・

petain.png それについてはこれを見たまえ。

pic1.png

d56.png ま、まさか・・・

petain.png うむ、アフリカにある植民地は、副首相である内にあらかじめ独立させたよ。ついでにVPが設定されている海南島は、中国の山の中のイギリス領ウエンシヤンと交換してもらった。

petain.png ということで、おとなしくあきらめた方が身のためだよ。

petain.png そもそも、自由フランスの逃げ場を全て無くすとゲームが落ちてしまうから、わざわざ残してやったのだ。むしろ感謝すべきである。

d56.png おのれ、あのときのことを未だに根に持っているとは陰湿な爺め!

petain.png ふん、私の著作を奪った報いだ。

d56.png あれは私が代筆したのではないか!そもそも、出版するときには許可を・・・

furansowa.png と、ご両人が喧嘩をしている間に、フランスは滅亡しました。

pic3.png

furansowa.png ペタン元帥もなかなかひどいことをされます。自由フランスが滅亡した今、植民地が自由フランスに寝返るイベント等も発生しなくなりました。

petain.png さて、自由フランスが滅びた今、将官達や研究チームが戻ってきたりはしないのかね?

furansowa.png しませんね。そもそも、36年シナリオでのヴィシーフランスプレイは想定されていないのではないでしょうか。

furansowa.png 本当は私もドゴール将軍について行きましたが、何故か航空隊指揮官として残っているので出演させてもらっているだけです。

petain.png 自由フランスの研究欄で君を見かけたが、新しく画像を用意するのが面倒だったからというわけではないのだな?

furansowa.png 証拠にはなりませんが、ヴィシーフランスの指揮官をご紹介します。私も確かにいますよ。

pic7.png

petain.png 同姓同名の者が若干いるようだが。

furansowa.png ヴィシーフランスが独立する際にランダム(?)で海軍部隊と空軍部隊は残るのですが、ヴィシーのユニットとして追加される部隊に配置される将軍と同じ人が、部隊配備されると残るのではないかと考えました。

petain.png それは違うな。これを見たまえ。

pic8.png

pic9.png

petain.png この画像だけ見せられても前の状態が分からないのだが、陸海軍の将官にも同じ現象が起きている。

petain.png 特に海軍は、海軍部隊離脱の可能性を低くするため全艦艇を1個艦隊にまとめてダルラン元帥に率いさせていたのだが、ヴィシー成立と同時にその艦隊の指揮官としてド・ラボルド元帥が登場して、配属されていなかった指揮官まで分身してしまった。

furansowa.png ちなみに画像は部隊再編成後の画像です。

petain.png 多くの指揮官がドゴールについて行ってしまったので、指揮官の増加はありがたいが、これはどう見てもイベントのミスであろう。

furansowa.png ついでに保有艦隊・航空隊数も増加し、現有戦力は以下の通りです。

pic10.png
pic11.png
pic12.png

petain.png 海空軍の拡張が著しいな。ヴィシーは初期状態で人的資源があまりに少ないので民兵部隊は解散とする。戦力50%切っているしな。

furansowa.png 民兵解散しても人的資源が120程度ですか。旧式艦艇を廃棄すればよろしいのでは?

daru.png それはいかん。足りない石油を補うためにサウジアラビアに侵攻しようと思っている。

daru.png 強襲上陸のためには艦砲射撃が有効だ。だから戦艦は1隻たりとも減らすわけにいかん。

furansowa.png 順序が間違っている気がしますが・・・

petain.png フランス時代からの南部への工場拡張で、マルセイユ返還後の基礎ICは94もある。だが、それを維持するための資源が全くと言っていい程無い。

petain.png 当面はドイツやベルギーとの貿易でエネルギー・金属・希少資源を補うが、石油はどうにか確保したい。

petain.png よってジブチに橋頭堡を築き、サウジアラビアに侵攻する。海軍基地の竣工は10月頃になるから、それをめどに開戦しよう。

furansowa.png スライダーは介入主義へ動かしました。もっとも焼け石に水の気がしますが、やらないよりはましです。

六月

furansowa.png マルセイユをドイツに返還してもらい、放任主義への転換が起きました。

pic13.png

petain.png なあ、ドイツに旧フランス領の返還を要求できないんじゃが。

furansowa.png これは1941年シナリオではないので、あきらめてください。

furansowa.png 現在サウジアラビア侵攻を目指して海軍基地を生産し、軍備の拡張を進めています。

petain.png 基礎IC96実効IC111か、フランスは十分大国ではないか。海軍も強力だし、地中海の制海権くらいはとれるだろう。

furansowa.png はい、しかしそのICを維持するため物資を80ほど輸出に回しており、軍の維持も含めて38程度のICを物資生産に回しています。

furansowa.png 消費財の要求も大きく、生産にはあまりICをまわせません。

petain.png ろくに労働力もないし仕方がないのじゃ。とりあえず、改良には適当にICをまわしておきたまえ。

furansowa.png 労働力+0.15/日ですか・・・戦力補充もままならない量ですね。

七月

petain.png 時にフランソワ君。フランスが敗れた原因は何だと思うかね?

furansowa.png え、閣下が前線の部隊を解散させたからでは・・・

petain.png そう、敗北の原因はフランス国内の道徳の退廃、特に家庭の崩壊にあるといえる。かのローマ帝国も、社会の根底たる家庭が崩壊したとき崩壊したのじゃ。

furansowa.png 聞いてます?

petain.png いや、老人は耳が遠くて聞こえん。*1

petain.png そこでだ、儂は偉大なるフランス復活のために、社会を根底から改革しようと思う。つまりは国民革命じゃ。

petain.png まずは、議会などと言う衆愚政治の機関を解散し、「労働・家族・祖国」のスローガンを掲げ・・・

furansowa.png えー、元帥が話し始めると長くなりますので要約しますと、中東の石油はとりあえず確保。しかる後、憎き赤化スペインは併合だそうです。

petain.png え、そんなこと儂は言ってな・・・

furansowa.png 本当にヴィシー体制について語り始めると、サーバーに負荷をかけるので十月まで一気にとばしましょう。

petain.png (上官を無視?!)

十月 対サウジ戦

furansowa.png 一気に飛んで十月になりました。

petain.png ドイツはイタリアを三国同盟には加えなかったようじゃのう。

furansowa.png ゲーム上でそれほど意味があるようには思えませんけどね。既に枢軸国入りしてますし。

petain.png ときに、サウジ侵攻の準備はどうなっている。

furansowa.png ジブチの海軍基地も竣工し、部隊の輸送が完了します。

pic6.png

daru.png 第二巡察分艦隊が艦砲射撃の準備を完了した。揚陸艦隊も準備完了である。

furansowa.png 第三戦術爆撃航空群も展開を完了しました。

petain.png そうか、では宣戦布告だ。

pic14.png

furansowa.png 宣戦布告により、戦時経済に移行。守備隊と憲兵他軍備拡張を開始します。

furansowa.png しかし、宣戦布告により12%以上も不満度が上昇したため、ICにかなりの打撃も受けています。

petain.png その分兵の戦闘力も落ちるしのう。

furansowa.png しかし、サウジ兵ごときフランス軍の敵ではありません。移動には手間取りましたが、十二月を持ってサウジのVPは陥落いたしました。

pic15.png

pic16.png

petain.png 本当は一ヶ月で終わらせたかったのだが、本当に移動に手間取ったな。

petain.png それでは、本土の部隊をサウジアラビアへ集結させよ。ペルシャ帝國に宣戦布告すると同時に、維持が面倒なサウジを併合。

petain.png ダンマンに海軍基地を設置後、強襲上陸をかける。ジブチからではペルシャの油田には届かなかったのだ。

furansowa.png 元帥の本命はペルシャだったのですね。しかし、国民不満度の増加が気になりますが・・・

petain.png なに、この程度の小さな願いは国民も許してくれよう。来年の二月中に上陸を開始し、夏には対スペイン戦に移行できるようにせよ。

furansowa.png ペルシャを押さえておけば、来るべき対ソ戦においていきなりバクー油田を衝くことが出来ます。しかし枢軸入りした場合、サウジアラビアとペルシャ・アフリカを同時に防衛するのは現状では不可能です。

petain.png 大丈夫だ。きっと上手くいく、ヴェルダンのようにな。

furansowa.png 確かに、砲撃の後のヴェルダン要塞の写真を見ると、良くこんな所で生きていられたと思いますが、それとこれとはまた違うと思うので・・・

furansowa.png つづいて、対ペルシャ戦争。「それは小さな願いなの(前編)」に移ります。


*1 参考資料:「大いなる失墜」「ナチ占領下のフランス」。ペタン元帥や、ヴィシー関連の書籍は殆ど無いですね。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3901d)