知識ゼロから始める第三帝国

1.基礎知識と操作法

ゲーム開始

シナリオと国の選択

ss2.png
ゲームを起動し「シングルプレイヤー」を選んだら、まずシナリオと国の選択画面に入る。
今回は'36シナリオのドイツで始めるので、まず左上の'36シナリオをクリックし、
次にドイツの旗をクリックする。3番目に右下の「スタート」ボタンを押せばシナリオが開始される。

難易度調整

ss31.png
「スタート」ボタンを押してゲームを開始する前に、難易度について確認しておこう。
「オプション」ボタンをクリックする。ゲームの難易度はノーマル、AIの攻撃性もノーマルにしておく。

初期操作

さあゲームを始めよう!
しかしその前に押さえておくべきことが数点ある。
「ゲーム開始!」をクリックする前にもう少しだけ我慢してほしい。
ss4.png

進行の停止

まずは「1」の白丸で示したボタンだ。ここをクリックするとゲームの進行・停止が切り替わる。
HoIは準リアルタイムのゲームだ。ゲーム内の時間を進行させながら操作をしていると
時間の進行に操作が追いつかない。そんなときはこまめに時間を停止させて操作しよう。
時間を止めて命令を下し、進めて眺めてまた止める。これが基本だ。

オプション変更

次に「2」の白丸で示したボタンをクリックしよう。メニューウインドウが出てくる。
ここで「中断」を選べばゲームを終了することができる。途中の「セーブ」もここから選ぶ。
さて、「オプション」をクリックすると次のような子ウィンドウが出てくる。
ss5.png
進行速度を「最速」に、カウンター使用を「ON」に、オートセーブを「1ヶ月ごと」にする。
ここらへんは個人の好みで変えて良い。しかし経験者としてはオートセーブは毎月行うことをオススメしておく。

マップ表示変更

最後に「3」で示した画面左下のボタン列に注目しよう。
この列のボタンをクリックすると、マップ表示がそれぞれ切り替わる。
今はまず左から二つ目の「政治マップ」に切り替えよう。
他のボタンについての知識は後から得れば良い。

さあ、これで準備は整った。「4」の開始ボタンをクリックしてゲームに突入しよう。

最初にすべきこと

おめでとう!いよいよあなたの第三帝国が動き出した。
しかし時間を進める前にもう少しやっておくべきことがある。
いずれも重要な知識なのでじっくり覚えておいてほしい。

内政スライダ、詳細は後述

まずは内政スライダの調整をしよう。「外交」タブをクリックして外交画面に移る。
そして右下の内政スライダに注目。
もし他国の旗をクリックしてしまった場合、ドイツの旗をクリックしなおせばよい。
ss6.png
画面の右半分が内政スライダだ。今回は下から4つ目の中央統制経済に一つ動かそう。プラスのボタンをクリックする。
今はまだ効果がないが、もっと右へ進めてゆくと「実効IC」にプラスの補正がかかる。
バーの上でカーソルを静止させると詳細な効力の説明が出るのでわからないままでも一応読んでおくと良いだろう。
内政バーの調整によって本当にいろんなことができる。「スターリンのいないソ連」なんてAARさえある。
コツは、左右どちらを選ぶにしてもMAXまで振ることだ。真ん中に置いていてはどちらのメリットも受けられない。
内政スライダの調整は一年に一回しかできない。今動かしたのが36年の1月1日だとしたら、次に動かせるのは37年の1月1日だ。
毎年お正月は内政スライダの調整、を忘れないようにしよう。

下から一つ目と二つ目の内政スライダ、すなわちタカ派-ハト派と介入主義-孤立主義のスライダを調整したくなるが、ドイツでは各種イベントで自然にこの二つは左に寄っていくので放置しておいてよい。むしろ動かしたいのは下から三つ目の常備軍-徴兵制スライダだ。あとちょっとで常備軍MAXにできるので非常にもったいない。早めに調整したいところだ。

閣僚の変更

同じ画面で、左半分の閣僚の変更について覚えよう。
白丸で囲った二人を変更する。
軍需大臣をIC+10%のヒャルマー・シャハトに、内務大臣を国民消費物資-5%のフランツ・グルトナーに変更する。
それぞれ顔写真をクリックすると変更できる大臣候補の一覧が出てくるのでそこから選ぶ。
閣僚を変更すると、独裁国家では国民不満率が+1%、民主国家では+2%されるので注意。
しかし今回は後述するイベントで帳消しになるので自由に変えて良い。

ICの振り分け、ICについて

ICとはその国の国力、工業力を擬似的に数値化したものだ。
ss7.png
少し見辛いが、画像右上の白線を引いた数値を見てほしい。18/135/142となっている。
これは、「無駄になっているIC/実効IC/基礎IC」と読む。
基礎ICとは国内にある工場の合計数と考えてよい。36年初頭ドイツには国内に合計142個の工場があるというわけだ。
実効ICとは、基礎ICを元にさまざまな政策効果や技術効果、国民不満率によって算出された本当のICの値だ。
ICの振り分けはこの実効ICの値をもとに行われる。
ICを振り分けることによって、歩兵師団や空母を生産したり、古い部隊を新しく更新したり、国民不満度を下げたりすることができる。

さて、画面右下のICの振り分けスライダを上から見てゆこう。
一番上の国民消費物資には33.86ICが必要なところを54ICも投入している。約20ICが無駄になっているわけだ。スライダを左に寄せて、33.86にギリギリまで低くしよう。
二番目は軍事ユニットの生産欄だ。8.80ICで済むところを27ICも投入している。しかしここは触らないでおき、他のスライダ調整で増えるに任せておく。
三番目は軍需物資のスライダだ。14.81ICで済むところを54ICも投入している。これも無駄なのでギリギリ左まで詰めよう。
四番目の補充スライダには必要ICが現在は0なので触らなくて良い。
五番目の更新スライダでは93.63ICが必要なところを全くICを投入していない。ICを投入したいところだが、更新は後回しということで今はそのままにしておく。

もう一点、記すべきことを忘れていた。バーを右クリックすればその位置でバーは固定される。調整しては右クリック、を繰り返そう。

以上の操作の結果、以下の画像のようになるはずだ。
左右のプラス・マイナスボタンをクリックすれば0.1刻みで調整できるが、大国プレイなので振り分けはおおまかでよい。
なお、シフトを押しながらプラス・マイナスボタンを押せば速く、コントロールを押しながらだともっと速く数値を調整できる。
(この項はコメント欄にて追記指摘をいただきました。ありがとうございました)

ss8.png
生産ICが約76も余っている。つまり、この余分な76ICを使って師団や艦船を生産することができるようになったというわけだ。
さっそく戦車師団を生産!…しても良いが、ここでは後述するように工場を建てて基礎ICの増加に励むこととしよう。

技術開発

技術開発の選択方法は直感的でわかりやすい。いくつかのセオリーを覚えれば良い。
まず選択・操作法から解説する。
ss9.png
ss10.png
画像を二つ続けたが、「技術開発」タブをクリックした後は画像のように1〜4と
クリックしていけば良い。

問題はどの開発チームを選ぶかだ。ポイントは二点。
まず、合致する開発分野のできるだけ多いチームを選ぶ。
次に、開発スキル値のできるだけ高いチームを選ぶ。
今回の例では、基本的機械工具の開発にI.G.ファーベン社を選んだ。
フラスコのマークと工場のマークが二つとも合致しており、なおかつスキル値は9と最高である。これ以上のチームは無い。
同じようにして後4つの開発ラインを埋めよう。しかし数多くの技術の中からどれを選ぶか?

ss11.png
一つ目の判断基準は開発年度だ。上記の画像の白線の部分で確認しよう。
現在は36年なので、史実年度が36年のものから開発していけば良い。年が離れるにつれて、開発スピードは遅くなってしまう。よほどのことが無い限り、史実年度が39年の「基本型歩兵師団」を今開発する必要は無い。39年になってから開発すれば良い。もっとも、開発チームの優秀なドイツでは史実年度36年の技術がなくなってしまい、36年中に37年の技術にも手を出すことになる。

二つ目の判断基準はカテゴリごとの優先度だ。
基本的に、産業カテゴリと陸戦ドクトリンを優先しよう。ただしレーダーは開発する必要は無い。核とロケット技術はお好みでどうぞ。

ドイツではほとんどないが、偶発イベントや同盟国との交渉で「青写真」が手に入ることがある。
青写真があると、その技術の開発スピードが倍になる。連合国プレイでは重要だ。

操作法

いよいよゲームが始動した。ここでは軍団の基本的な操作法を説明する。

移動、軍団をケルンへ

まず基本は軍団の選択だ。ドルトムントのXII軍団のカウンターチップをクリックしよう。画像では「1」の部分だ。
ss12.png
すると画面左に選択した軍団の内容が表示される。
そのまま、ケルンの上で右クリックしよう。画像で「2」の場所だ。
これでXII軍団はケルンへ移動し始める。時間を進めて様子を見よう。

イベント発生例

ケルンへ軍団が移動すると、「ラインラント進駐」イベントが発生する。
ss13.png
OKをすぐクリックせず、OKボタンの上でカーソルを静止させてみよう。
詳細な効果が表示され、なにやら英仏との関係が悪化したらしいことがわかる。
今後もイベントはたくさん起る。すぐにOKをクリックせず、じっくり効果を読むクセを付けておこう。

軍団の分割と統合、複数の軍団の選択

そもそも「軍団」とは複数の「師団」をいくつかひとまとめにしたものだ。
HoIでは、攻撃や移動などの命令は師団ごとではなく軍団ごとに行われる。
軍団が複数の師団から成るということは、3つの師団で構成される軍団を2と1にしたり、2と1の二つの軍団を3個師団の一つの軍団にまとめたりできなければいけないということだ。
ここではその操作について説明する。ケルンに移動させたXII軍団のチップをクリックして選択しよう。
ss14.png
ここで白丸で示した右下の「分割ボタン」をクリックする。
下記のような画面に移るはずだ。
ss15.png
黒丸のプラスボタンをクリックする。
ss16.png
これで軍団の分割に成功した。簡単でしょ?
マップの他の場所をクリックして分割画面から抜けよう。
ちなみに、プラスボタンではなくマイナスボタンをクリックすれば、一度下に落とした師団を上に戻すことができる。

次は分割した軍団の統合だ。
統合するには、複数の軍団を一括選択することになる。まずその方法を説明しよう。
操作は簡単で、マップ上の選択したい軍団を囲むようにドラッグ&ドロップする。
ss18.png
画像で白丸はクリック、矢印はそのままドラッグを意味していると見てほしい。
画像では出ていないが、実際にやると白枠が表示される。
すると画面左に下記のような選択画面が出るはずだ。
ss19.png
これで、XII軍団とXIL軍団の二つの軍団が選択できた。
後は画像右下の統合ボタンをクリックするだけだ。
統合だけでなく、移動や攻撃などの命令もこのようにして複数の軍団にまとめて下せる。

選択した軍団の除去

2つの軍団の統合なら上記のとおりだが、例えば3つの軍団から2つの軍団を選んで統合したり命令したいときはどうするのだろうか?
そのために選択した軍団の除去を覚えよう。
例としてベルリンに駐留する三個軍団を選択しよう。
ss20.png
この3つの軍団のうち、I戦車軍団を除くことにする。
I戦車軍団の上でキーボードのシフトを押しながらクリックする
そうすれば、I戦車軍団は除かれ、VIIL軍団とIIIL軍団の二つのみが選択されたことになる。
後は統合するなり命令を下すなり自由にできる。

生産

さあすぐに軍備を揃えたい?まぁ待とう、戦争が始まるのは39年9月からだ。

工場建設

工場を建設することによって基礎ICが増加する。大国プレイでは序盤の基礎体力作りが後々まで響くことになる。
生産タブを見てみよう。生産スライダの余剰ICがラインラント進駐によって92にもなっている。工場建設には5ICを必要とするので、18箇所も一気に工場建設ができる。
戦略として、最初の2年は工場を建設し、38年から軍備を揃えることにしよう。

工場の建設には、まず建設したいプロヴィンスをクリックする。
画面左に下記のような画面が出てくるはずだ。
ss21.png
ここで、白丸で示した工場ボタンをクリックすることでそのプロヴィンスでの工場建設が始まる。
ベルリン以外にも後17箇所、同じように工場建設を発注しよう。
工場ボタンを二回クリックしても良い。二年続けての建設を命令したことになる。

生産画面を開いて、生産キューに工場建設が貯まっていることを確認しよう。
ss22.png

以上で初歩的な知識編は終了だ。
さあ、時計をどんどん進めよう!
2.雌伏の36-37年


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3963d)