ドイツ 総統の夜の○夢

プレイ開始時の状況説明

 さて、当wikiでは長編シナリオ初(?)の難易度非常に難しいを選択したこのAAR。まずはその「非常に難しいなぁ」と思えるデータをご覧頂こう。

1936年1月4日時点の主要国IC比較
国家名ドイツイギリスアメリカフランスイタリアソ連日本
実効/基礎78/142118/147169/28184/8883/64248/171116/86

 1月4日の「ラインラント進駐」イベント後の主要国IC比較表である。この表を見てもらえば分かるだろうが、我がドイツは主要7ヶ国中、最下位である。平和補正がバリバリ付いているイギリス・フランスにさえ後塵を拝する格好となっている。つまり、どれだけICを有効活用できるかが鍵となってくるだろう。

資源収支表(日産)
エネルギー鉄鋼希少資源石油労働力
145219200.44

 エネルギーは問題ないが、その他の資源は心もとない。特に希少資源、石油は輸入に頼らなければならないほどである。労働力に関しては、大戦の主役となる国とは思えないものだ。

0001.png

陸軍歩兵主体の軍構成となっている。ICがキツキツなので、思うように軍拡できない可能性がある。特に自動車化歩兵、機械化歩兵、戦車の数はかなり制限されると考えられる。軍縮条約を破りたくても破れない。
海軍戦闘補正により更に影が薄くなるであろう海軍。今回のプレイではほぼノータッチになるだろう。ヘタをすればリストラとなる。レーダー提督ごめんね。
空軍さすがに電撃戦発祥の国だけあって空軍は恵まれているといえるだろう。のちのち逆転されることは明らかだが、空軍を有効活用しなければドイツの明日はない。

以上のことを踏まえた上でプレイを始めたいと思う。

1月

 まず、閣僚整理をする。軍需大臣をIC+10%の「ヒャルマー・シャハト」、内務大臣を消費財需要-5%の「フランツ・ギュルトナー」に変更する。これだけでICは78→90となる。
 また、内政スライダーを中央計画経済にスライドする。もう一つ傾ければIC+15%の恩恵を受けられる。

0002.png

 生産キューについては、

ヒトラー.png 大ドイツ建設のために重工業育成は必要不可欠!

ゲーリング.png 爆撃機もなしに電撃戦とな!

 この人たちの意見を取り入れ、工場を3箇所建設。戦術爆撃機を1ラインいれることとした。また、手駒となる歩兵、前線の軍隊の首脳部となる司令部をそれぞれ1ラインいれた。これでICは使い果たしたことになる。(司令部はむちゃくちゃ使えることが後に判明した)

1.4

 ラインラント進駐イベント発生。これにより資金が+500されたので、石油を大量に産出するベネズエラとの交渉費用に当てる。また、閣僚変更により発生した国民不満度はコレにより帳消しとなる。平時IC修正の緩和によりICは90→107に激増する。

2月

0003.png

 比較的余裕のある(?)エネルギーと鉄鋼をこれだけ出しても、得られる石油はほんのわずかである。友好度が少ないのも影響しているが、これでは先が思いやられる。希少資源に関してはソ連と交渉を続ける。エネルギー300、鉄鋼200で希少資源100というレートである。

 これでは埒が明かないので、資金1.3対希少資源3.6の貿易協定をソ連に提案、受諾される。1:2という、かなりの好条件である。だが、資金は溜まらないという諸刃の剣でもあるが・・・。

0004.png

3月

 イギリスで、エドワード8世が即位。にも関わらずICは110/147と、我が国よりも上である。なにが平和補正なんだろうか?
 また、ベネズエラと物資1.0、資金1.0対石油4.3の貿易協定を締結。石油、希少資源問題は一応の解決を見た。

ゲーリング.png これでルフトバッフェは安泰だな!

 そんなわけはないが・・・。

 後、開始から3ヶ月たっても一向に研究が進まない。史実では連合国の物量に対し、質で勝負してきたドイツ軍だが、今回頼れるものは陸軍ドクトリンくらいではなかろうか?

ヒトラー.png 優秀なる我らゲルマン民族は永遠に世界を統治するッ!

のは夢の話になりつつある。最初の年で。

5月

 I・G・ファーベン社が基本型工作機械を完成させる。これでICは107→114となる。ところで、この研究スピードは通常と比べてどうなんだろう?と、思うドイツ未経験の作者であった。

〜5月8日時点での研究開発状況〜

0005.png

7月

 スペイン内戦が勃発。ソ連が共和政府に付く中、なんとフランスまでもが介入してきた。ギリシアAARを見ればわかるように、共和政府は突然連合国側で参戦してくる可能性がある。我がドイツもイタリアと共に内戦に介入することを決定。独伊VS仏ソの大国代理戦争が幕を開けた。

0006.png

 開戦1ヶ月で国粋派はマドリードを占領するものの、共和政府軍がセビリア、バルセロナ等の大都市をマドリードから分断することに成功。どうやら内戦は共和政府が主導権を握る形で進みそうだ。

0007.png

9月

 スペイン共和政府がラコルニャを占領するなか、国粋派も政府支配下のセビリア包囲に成功。だが、やはりフランスの介入が効いているらしく、領土を取っては取られる展開が続く。

ヒトラー.png 本格介入してぇなぁ・・・。

 介入した瞬間に英仏が鬼スイッチに入るので止めていただきたいところだ。

10月

 スペイン国粋派の敗色が濃くなりはじめる。順調に駒を進める共和政府軍を前に尻込みしてしまったか、以後防勢に転じるようになる。そんな中、我が国で改良型工作機械が完成、ICは114→121となる。こんな些細な事が嬉しく感じるのは気のせいだろうか?

ゲーリング.png その増加分のICはスツーカとなり欧州を混乱に陥れるんだな!?

ナチス政権崩壊という混乱が起きる可能性のほうが高いんですけどね。

11月

ヨーロッパで一番ホットなイベリア半島・スペインでは国粋派が反攻に転じた。バレンシアを占領し、共和政府軍を北と南に分断することに成功したようだ。ある程度は海上輸送の補給で部隊の損耗は防げるだろうが、今度は共和政府軍が守りに入ることとなる。

0008.png

12月

 今更だが、潜水艦3隻を破棄する。「0.9の物資と1.5の石油を消費させたくないから」と総統から理由を聞かされたレーダー提督は1週間ほど無断欠勤したようだ。
 そんな中、イギリスでは無能王エドワード8世が退位、これによりイギリスのICは147/147となり、遂にマイナスから脱出した。

0009.png

ヒトラー.png 悲観するのは早い!まもなく工場3つが完成するではないか!

12.17

ベルリン、ポツダム、マグデブルグに工場完成。だが、IC増加値はわずかに2であった。

ヒトラー.png 2だァ!?コノヤロウ!10ぐらい増えろよ!

 この工場増加により鉄鋼がマイナス収支に転落したのは国家最高機密だ。なお、あまりにひどい工場建設を中止し新たに戦車師団と近接支援攻撃機を生産キューにいれた。

0010.png
 
ゲーリング.png (夢が)拡がりそうです

グデーリアン.png 
俺の、ゆめは、将来のうちに
マンシュタインとかロンメルと、いっしょに、連合組んで
世界を統一することである。
苦境を脱したら、ポーランドんとこの領土、奪って
資源ためて重戦車か、自走砲を、迷ってるが作って、
師団に追加して、バリバリいい音出して走る。
俺は、ずっと将来現役で、走り続ける事が、夢である。

生 涯 電 撃 戦 だ も ん で

この国の未来は、暗い・・・・・・!

〜つづく〜


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3541d)