知識ゼロから始める第三帝国

5.海峡を越えて40年

ついに念願の英本土上陸を果たし、さらに後半には宿敵ソビエトに攻め込む。
このページでは海軍の操作法と大規模な包囲戦について覚えよう。

二国で三国同盟

内政スライダの調整

去年で既に中央統制経済MAXにまで達したので、今年は常備軍に一つスライダを動かすことにする。
常備軍に動かすことによって、部隊の組織率が上がりアップグレードに必要な期間も短くなる。

三国同盟イベント

1月26日、日独伊三国同盟イベントが起こる。
ss107.png
ここではイタリアとのみの調印を選んだ。
本家Wikiのヘルプページを参照してもらいたいが、日本が
三国同盟に調印してしまうとソビエトの降伏にウラジオストックの占領が必要となってしまうからだ。日本も引き込んでソ連挟撃というやり方もあるが、今回はドイツ独力での勝利を目指そう。
なお、DDVer1.2以降ではこの調印イベント自体意味が無いとのことだ。趣味で組む国を選んでしまおう。
(この項はコメント欄で修正指摘をいただきました。ありがとうございました)

英本土上陸

艦隊の編制

艦隊(海軍ユニットの「軍団」)の編制にはルールがある。
それは、艦隊内の「補助艦」(軽巡、駆逐艦)の数が「主力艦」(空母、軽空母、戦艦、巡洋戦艦、重巡)と同数以上でなければならないというものだ。
同数未満の場合、海戦時にペナルティを受ける。
今回はお手軽に空母*3と駆逐艦*3の6隻で1個艦隊を編制し、これを2セット作って英国連合艦隊に挑んだ。
なお、潜水艦と輸送艦は補助艦にも主力艦にもカウントされない。
(この項はコメント欄にて修正指摘をいただきました。ありがとうございました)

乗船・下船

いよいよ海兵隊で英本土に侵攻しよう。
そのためには、軍団を輸送艦に積み込まなければならない。

乗船するには、まず輸送艦を港につける。
次に、港のある同じプロヴィンスにいる乗船させたい軍団を選択する。
ss101.png
画面右下の「乗船」ボタンをクリックすれば軍団は輸送艦に乗り込む。
軍団の師団数より輸送艦の空きが少ないと乗り込めないことに注意。

なお、輸送艦に乗船中に海戦で輸送艦が沈んだ場合、乗っていた師団もいっしょに海の藻屑と消えてしまう。輸送艦隊の護衛には細心の注意を払おう。

逆に下船させる場合。まず輸送艦隊を港につけよう。
次に、輸送艦隊を選択し、右下の下船ボタンをクリックする。
ss112.png
乗っていた軍団が港のあるプロヴィンスに下船し、しばらく動けなくなる。

上陸作戦

海兵隊を積み込んだ輸送艦隊を選択し、上陸を仕掛けたい敵プロヴィンス上で右クリックする。
ss102.png
子ウィンドウが出るので、「上陸戦」を選ぶ。
今回はポーツマスに上陸する。

上陸地に敵がいた場合、上陸部隊との間で戦闘が起こる。戦闘に勝てば、輸送艦隊に乗り組んでいた海兵隊は上陸地点に進む。
海兵隊以外のユニットでも上陸戦は可能だが、大きなペナルティを受ける。
ss103.png
やった!海岸堡を築くことに成功した!
後続部隊をいっきに上陸させてしまおう。

なお、艦艇にはそれぞれ航続距離がある。航続距離を超えて移動や上陸戦をすることはできない。
例えばフランス西岸からアメリカ東岸へは直接侵攻できない。中間地点のアイスランドかアゾレス諸島に基地変更して侵攻することになる。
ちなみにAIには航続距離制限は無い。ズルイネ。

艦艇輸送

対岸の敵地に乗り込むには上陸戦を行うが、自国領から自国領への輸送は「艦艇輸送」コマンドを使う。
軍団を乗り込ませた輸送艦隊を選択し、目的地のプロヴィンス上で右クリックする。
ss104.png
子ウィンドウが出るので「艦艇輸送」を選ぶ。
輸送艦隊は自動的に往復して母港に戻ってくる。

ちなみに、「艦艇輸送」は自動で往復してくれるので便利だが、輸送した軍団の組織率が半分ぐらいになってしまう。
これを避けるため、乗船→手動で目的港へ移動→手動で母港へ戻る、という方法をとれば組織率が下がらずに済む。
(この項はコメント欄にて追記指摘をいただきました。ありがとうございました)

英本土侵攻作戦

ss105.png
先遣部隊は易々と北上、ロンドンを陥落させた。
イギリス本土の陸軍部隊は意外と多いので、大急ぎで一挙に大部隊を送り込んでしまうのがコツだ。

1月22日、ドーバー海峡で英本国艦隊が決戦を挑んできた。
ss106.png
我らが機動部隊は英国戦艦「ヴァリアント」「クイーン・エリザベス」「マラヤ」「リベンジ」「バーハム」、空母「グローリアス」その他重巡多数を撃沈。一方我が方は空母「グラーフ・ツェッペリン」を失った。

3月10日、英本国艦隊の残存部隊が二度目の、そして最後の決戦に賭けを打って出た。この戦いに負けてしまうと我が方の英本土侵攻部隊が欧州大陸に帰れなくなる。
ss110.png
残り空母5隻となった我が方の機動部隊は英国戦艦「ロドネイ」「レゾリューション」「ラミリーズ」「ネルソン」「ロイヤル・オーク」「ロイヤル・ソヴェリン」、巡洋戦艦「レナウン」「フッド」「レパルス」、空母「イラストリアス」「アーク・ロイヤル」「フューリアス」を撃沈。ここに連合艦隊は壊滅した。
一方我が方も空母「バルバロッサ」「クラウゼヴィッツ」「ゼーレヴェー」を失ったが、最後まで海域に留まったのは我らがクリーグスマリーネの方だった。

6月11日、ついに英本土全土を占領。
ss111.png
侵攻部隊は急ぎ帰国し、次の戦いに備えて東へ送られた。

海越えの補給

全ての師団は軍需物資を消費する。戦車や自動車化歩兵師団などは石油も消費する。
首都から地続きのプロヴィンスにいる師団には補給が行き届き、師団は戦闘が可能になる。
しかし、海を越えたプロヴィンスにいる師団に補給物資を届けるには、輸送船(輸送艦ではない!)による補給が必要だ。
ss113.png
生産画面の右下に上記画像のような画面がある。
この画像では、フランス北岸のカレーからイギリス南岸のポーツマスまで13隻の輸送船で石油と軍需物資を、逆航路を101隻の輸送船で資源を持ち帰っている。
デフォルトでは補給物資が必要なプロヴィンスに自動的に輸送航路が設定される。
しかし輸送船の数が少ないと、十分な補給物資が届かず侵攻部隊が補給切れになる。
じっさい、今回の英本土侵攻作戦時も輸送船の数が足らず後半は戦車部隊が石油切れを起こしてしまった。早めに輸送船は生産しておこう。

ss114.png
補給物資が届いていることは補給地点のプロヴィンス画面によってわかる。
白丸で示したアイコンの上にカーソルを静止させると、貯まっている資源の詳細が見られる。

輸送船を生産するには生産画面の「輸送船」ボタンをクリックする。
ss115.png
生産方法は他の師団と同じだ。

ヴィーゼル河演習作戦

ss109.png
3月9日、ノルウェー・デンマーク侵攻作戦「ヴィーゼル河演習作戦」が発動した。
しかしノルウェーを攻める価値はあまりないので、デンマークのみ攻略することにする。

ss116.png
デンマークはキールからコルディングに部隊を進めるだけで降伏イベントが起きて自動的に併合される。あらかじめキールに部隊を置いておこう。

バルバロッサ作戦

いよいよ最大最強の敵・ソビエトに挑む。史実より1年近く早い開戦だ。
対ソ戦は早ければ早いほどドイツ側に有利なので、思い切って40年中に攻め込んでしまおう。

戦力比較

両軍の陸軍師団数を比較してみよう。
まずはソビエト陸軍。諜報画面で確認する。
ss117.png
歩兵240個、戦車14個師団の大軍だ。

一方の我らがドイツ陸軍。統計画面で確認する。
ss118.png
歩兵195個、自動車化歩兵24個、戦車15個師団。ほぼソビエトと拮抗している。
この戦力なら十分包囲殲滅が可能だろう。

第一次攻勢

まず最初の攻勢で南部国境沿いに集まった敵軍を包囲殲滅する。
ss119.png
スヴァワキから出発して戦車軍団を先頭にオルシャまで東進。そこから南下してキエフを解放。キエフから西に戻ってストルイイあたりで包翼完成。これが計画だ。
包囲に1ヶ月、殲滅に1ヶ月、再配置に1ヶ月とみて約3ヶ月に渡る大作戦になるだろう。包翼は機甲部隊を進めるだけなので案外簡単なのだが、その後の殲滅に時間がかかる。手早く歩兵部隊を進めよう。

開戦

8月14日、ついに対ソビエト戦を開始。
ss120.png
宣戦布告前にまたセーブをとっておこう。

空軍も攻撃を開始。包囲しない北部の敵を地上攻撃。
ss121.png
ss129.png
地上攻撃を行うには、攻撃したいプロヴィンスの上で右クリック、ウィンドウが出てくるので「地上攻撃」を選択する。
ss124.png
ただし航空機による攻撃はプロヴィンス単位ではなく、複数のプロヴィンスがまとまった地区単位で行われるのに注意。航空機は指定された地区のうち最も師団数の少ない弱い軍団を攻撃するので、攻撃したいプロヴィンスに攻撃してくれないときがある。

地上部隊も順調に進撃。
ss122.png

9月7日、早くも最初の目標であるキエフを解放。
ss123.png

9月18日、包翼完成。以後は南北から包囲の輪を狭めてゆく。
ss125.png

包囲殲滅。しかし包翼完了からここまでが時間がかかってしまった。
ss126.png
最終的に再配置が完了したのは12月初頭となってしまった。

諜報画面でソ連軍の師団数を確認する。
ss128.png
歩兵59個師団、戦車12個師団殲滅の大戦果。しかしここで追撃の手を緩めるわけにはいかない。すぐに第二次攻勢を開始しよう。
第二次攻勢は12月からだが、年をまたぐので次のページに記載させていただく。

6.東進の41年に続くっ★


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3931d)