知識ゼロから始める第三帝国

6.東進の41年

ついにスターリンを屈伏させる時が来た。
また、年末には最後の敵・アメリカと干戈を交える。

TCについて

TCとは輸送容量を数値化したものだ。
現在のTCとその使用量は画面右上、ICの左隣で確認できる。
ss145.png
TC742に対して、922分を使用していることがわかる。
この場合、TCが容量を超過してしまっていることになる。
超過して赤字になると、それだけ軍団の行軍速度が遅くなってしまう。
TCの使用量の内訳はTCの欄にカーソルを静止させるとわかる。

ほとんどの場合、TC超過の原因はパルチザン活動によるものだ。
よって、TC超過を解決するためには守備隊をばらまいて対パルチザン作戦をさせるしかない。あるいはTC超過をすっぱりあきらめて遅い行軍速度に慣れるかだ。
TCの量はICによって決まるのでICを増加させるのも一つの手だが、TC超過が気になるころには工場を建設する暇はないことが多いだろう。

第二次攻勢

キエフの次は北部バルト方面での包囲殲滅を目指し、同時にレニングラード解放も果たす。
ss127.png
装甲軍団によるレニングラード突撃と同時に、南方から部隊を「まくり上げて」ゆく。

レニングラードの守備隊は少なく、1月24日装甲軍団の猛攻の前にあっさりと陥落。
ss128.png

バルト方面で北方の敵軍を包囲殲滅してゆく。
ss130.png

三月下旬、戦線は南北にすっぱりと直線を描いた。
ss131.png
次の目標は首都モスクワだ。

ss132.png
歩兵63個師団、戦車2個師団を殲滅した計算になる。ソビエト軍の防衛線は実質上崩壊した。

第三次攻勢

攻勢といっても、三個戦術爆撃機戦隊による熾烈な地上攻撃によって敵がいなくなったためただモスクワへ向かうだけとなってしまった。
3月25日、赤色帝国の首都はあっさりと無血開城された。
ss134.png

第四次攻勢

戦線南部に残る敵を戦術爆撃機と地上軍のタッグで「押し潰して」ゆく。
ss136.png

ここで凶悪な「地上攻撃」戦術を覚えよう。
まず北端の地区に爆撃機の地上攻撃を仕掛ける。爆撃機は一番弱い敵プロヴィンスを狙う。爆撃機が狙ったプロヴィンスを優勢な地上軍で攻撃し、敵を敗走させる。
敗走によって塹壕修正が消えるので、「地上攻撃」によって瞬く間に敵師団が消滅してゆく。
この「地上攻撃→陸上部隊で敗走させる→地上攻撃で消滅させる」の繰り返しによって戦線に残る敵軍はあっというまにすり潰されてゆくのだ。

ss137.png
猛烈な爆撃の結果、キエフ周辺の敵軍はほぼ消滅し、独軍機甲部隊の行く手を阻むものはなくなった。

ss138.png
6月26日現在の状況。抵抗はほぼ終息したと言って良いだろう。

スターリングラード・バクー・スヴェルドロフスク吶喊

既にレニングラード・モスクワは陥落した。赤軍は壊滅し、講和へ持ち込むには後3つの重要プロヴィンスを押さえるだけだ。
講和イベントの発生条件を本家Wikiのヘルプページ
で調べておこう。

戦線に敵がいないため、自由に部隊を進めることができるようになった。まずはスターリングラードだ。
ss139.png
6月27日、総統閣下の宿敵の名を冠した街も無抵抗で我々の手に落ちた。

スターリングラードを落とした機甲部隊をそのままバクーへ吶喊させる。
ss140.png
9月28日、バクー油田地帯を確保。

10月1日、スターリングラードからの別働隊(1個戦車軍団)が奥地スヴェルドロフスクを占領。
ss141.png
後はスターリンの絶望的決断を待つだけとなった。

ビターピース

ss143.png
1941年10月2日、独ソ戦はドイツの勝利として終結した。
ソビエトはその工業力と資源の多くを失い、国際政治の主要メンバーの座から転落した。

実はこんなに早く講和が成立するのはかなり運が良い。
講和条件を満たした後、7日ごとに5%の確率で講和イベントが発生するので、場合によっては条件を満たしたのち何ヶ月も待たなければならないこともあるのだ。

とにもかくにも、二度の大包囲、一度の大航空撃滅戦を経て史上最大の陸戦は終結した。
幸運によって得た時間という貴重な資源を使って次のステップに進もう。

新国家の独立

占領した土地に新国家を傀儡国として建設することができる。
傀儡国家を独立させるメリットはいくつかある。
一つは資源の確保だ。占領地のプロヴィンス産出資源の量は通常の半分程度になるが、新国家は100%資源を産出できる。産出して余った資源は傀儡国から宗主国に上納される。
二つ目はパルチザン対策だ。広大なロシアの土地は高いパルチザン発生率のプロヴィンスばかりだが、傀儡国家はパルチザン発生率が0となり、結果としてTCにも余裕が出る。
三つ目は技術開発だ。傀儡国は、宗主国の持っていない技術を開発するとすぐ青写真をくれる。
ss158.png
画像はウクライナから前進補給基地の青写真をもらったところ。

傀儡国独立のメリット・デメリットについては本家WikiのTipsページが詳しい。
http://f41.aaa.livedoor.jp/paradox/pukiwiki.php?tips%2F%D0%FA%D1%B4%B9%F1tips
(この項はコメント欄にて追記指摘をいただきました。ありがとうございました)

独立

独立させるには、外交画面で自国を選択し、「新国家独立」をクリックする。
ss133.png
次に独立させたい国を一覧から選ぶ。最後にOKをクリックすれば新国家が傀儡国として独立する。

国民不満度を下げる

新国家を建設すると、独裁国家では国民不満度が上昇する。
国民不満度が上昇すると実効ICが減り、戦闘にもペナルティが付く。
国民不満度を下げるには、ICを余分に国民消費物資に割り当てる。
ss142.png
画像は消費物資が31ICで済むところを313ICも割り当てているところ。多ければ多いほど速く不満度が下がる。

対米宣戦

ロシアの地に散らばった軍団をブレストへ再配置し、輸送艦隊が同地に集結した。
もはや向かうところ敵無しとなったドイツは大西洋の対岸を狙う。
ss148.png
11月21日、総統閣下は対米宣戦布告。同時にアイスランド・レイキャビクを海兵隊が占領。
ss149.png
レイキャビクを母港とした輸送艦隊は次いでカナダ東岸・英領ラブラドールを占領。
以降6ヶ月かけて240個師団をブレストから輸送した。

7.大洋を越えて42-43年へ続くっ☆


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3722d)