知識ゼロから始める第三帝国

7.大洋を越えて42-43年

陣営とVP

同盟について

「同盟」とは攻守をともにする国同士の協力関係のことだ。
既存の同盟に自国が加入、自国の所属する同盟に勧誘、新しく同盟を設立、の三つの方法で同盟を作ることができる。

ただしどの国とも自由に同盟を組めるわけではない。
一般的に、内政スライダによる政体が近いほど、また友好度が高いほど同盟が組める確率が高くなる。
しかし、スイスや中南米の多くの国のように、どうやっても同盟を組めない国も存在する。

三つの陣営

ゲーム開始当初から、3つの主要な同盟が存在している。連合国、枢軸、共産だ。ただし枢軸は最初はドイツ一国しかいない。
どの国でプレイするにしても、多くの場合、この3つのうちのどれかに加入してゲームを進めることになるだろう。

VP

三つの陣営の優劣はそれぞれの同盟国が持つVPの合計値で競われる。
ゲームを終了したときに出る画像がそれだ。
ss163.png
この画像では枢軸が537、連合国が54、共産が39のVPをそれぞれ占領している。枢軸が圧倒的に有利だ。
もっとも、この数字の大小をどう評価するかはプレイヤーに任されている。小国プレイではVPなど関係無しに自国の生存を第一にすることもあるだろう。VPで勝っても特別ゲーム・システムから何かがあるわけではない。ここらへんはパラドゲーの淡泊な(良い?)ところ。

プロヴィンス間の地形

プロヴィンスとプロヴィンスの間には、「平原」「河」「海」の三種類の地形が設定されている。
隣接するプロヴィンスとの間の地形は、プロヴィンス画面で確認できる。
ss164.png
上記の画像では、ロンドンはバーミンガムとノーウィッチと平原で接し、ドーバーとブリストルとの間には河があることがわかる。
ss165.png
上記の画像では、インバネスとストロノウェイとの間は海で繋がっていることがわかる。海といっても「上陸作戦」が必要な海峡ではなく、この場合は「徒歩で渡れる海」という意味だ。

河あるいは海を越えて攻撃する場合、工兵がいないと攻撃にペナルティが付く。
また、海の場合はその海域の制海権を得ていなければ渡れない。制海権を得ているというのは、自国の艦隊がその海域に居ることができるということである。

ドクトリンの系統と破棄

海軍ドクトリンと陸軍ドクトリンには「系統」がある。
それぞれの詳細については本家Wikiの海軍ドクトリン陸軍ドクトリン
のページを参照されたい。
ドイツでは海は「航路妨害」系統、陸は「電撃戦」系統でいくらか開発が進んでいる。
しかし開発済みの技術をいったん破棄して、違う系統のドクトリンを1から開発してゆくことができる。
今回のプレイでは陸は電撃戦のままで良いが、海は潜水艦ではなく空母主体でゆくので「基地攻撃」系統のドクトリンに変更してみよう。

ss167.png
既に開発済みのドクトリンを破棄するには、ツリーから開発済みの項を選んで(1)、画面左下の「破棄」ボタンをクリックする(2)。
ただし破棄できるのはツリーの末端から(=新しい技術から)な点に注意しよう。
航路妨害系統の技術を全て破棄すると、真ん中の「基地攻撃」技術の×印が無くなって新しく開発できるようになる。

ちなみに、v1.2現在では破棄した技術効果が破棄後も残ってしまうというバグがある。
その分ポジション値などが余分に有利になってしまうので、ややプレイヤーチート的となってしまう。この点を嫌う人はドクトリン破棄はあきらめよう。
(この項はコメント欄にて追記指摘をいただきました。ありがとうございました)

対米戦

対米戦は時間がかかるだけでたいして面白いものではなかった。
44年5月22日、併合に成功した。

対米戦で厄介なのが太平洋に散らばったVPの回収だ。
真珠湾、サモア、ミッドウェイ、ウェーキ、ウナラスカ、コロン、及び徒歩でアンカレジを捕らなければならない。
特に厄介なのがサモア島だ。真珠湾から届かないので、一度日本に宣戦布告してトラック島を占領し、トラック島に輸送艦隊の母港を移してからサモアへ向かうこととなる。

さて、対米戦が終結したところでAARとしては完結ということにさせていただこう。
ドイツは東西に広大なレーベンスラウムを確保し、千年帝国の礎を築いた。
後は残るソ連を片付けるなり、連合国にクーデターを仕掛けていくなり55年まで暇潰しに流してゆくことになるだろう。

要塞、空港などの建設

対空砲・要塞・沿岸要塞の建設

この3つの建て方は工場建設と同じだ。
ss168.png
白線で示したボタンが左から対空砲、要塞、沿岸要塞となる。ボタンをクリックすれば工場と同じように一定のIC・期間を消費して建設される。
対空砲は上空に飛来する敵機にダメージを与える。
要塞は地上戦で守備時に戦闘ボーナスを得る。
沿岸要塞は敵が上陸作戦を仕掛けてきたときに守備のボーナスを得る。
いずれもドイツでプレイする際にはあまり使わないだろう。
規模はどれも最大10まで建設できる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3784d)