FrontPage

AAR作成支援

最近、AAR書く人も増えてうれしい限りだが、SS撮るためのアプリや編集するためのツールで悩んでいる人も多いと思う。そこでツールと、画像について書いてみようと思う。
ツールはここらを探せばそれなりに見つかる。
窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/
vector http://www.vector.co.jp/

ヘルプ

すなわちテキスト整形のルールを読め、もっとテキスト整形のルールを読め、あくまでテキスト整形のルールを読め。

ツール

テキストエディタ

文章を書くのはWindows標準のメモ帳でも良いが、これは最低限の機能しか揃っていないので他の優秀なフリーソフトを使ってみるのをお勧めする。取りあえずこの辺がお勧め。

サクラエディタ http://sakura_editor.at.infoseek.co.jp/
K2Editor http://k2top.jpn.org/
Terapad http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/

窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/txteditor/
vector http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/writing/edit/

キャプチャーソフト

PrintScreen機能を使うのも良いが、取得できない場面があるらしいので、ツールを使うことを勧める。取得した画像をメモリにため込まずにHDDに書き出すように設定できるソフトがオススメ。

キャプラ http://homepage1.nifty.com/chappy/
Capture STAFF - Light - http://hp.vector.co.jp/authors/VA017297/

窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/capture/
vector http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/graphics/saver/

画像編集ソフト

Windows XP標準のペイントでもpngで保存ができるが、Windows2000等を使っている場合は、Paint.NETがおすすめ。編集機能も高度なものが扱える(AARではせいぜいキャプチャした画面のクリッピングくらいだと思うが)。
Paint.NET http://www.getpaint.net/index2.html

窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picedit/
vector http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/graphics/edit/

画像閲覧ソフト

『Vix』というソフトをお勧めする。これは閲覧できるだけでなく、拡大、縮小や他さまざまな機能も付いている。特にWIKIに貼る場合、画像サイズには気をつけよう。

WIKIに貼り付けた時、XGA(1024*768)の環境でブラウザからはみ出さない程度が妥当だ。もし、はみ出すようなら適当な大きさに縮小しよう。

Vix http://homepage1.nifty.com/k_okada/

窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picviewer/
vector http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/graphics/loader/

画像について

具体的にはキャプチャ→編集(切り抜き、拡大縮小など)→減色→圧縮して保存→最適化→アップロードという工程になると思う。

画像形式

自分のハードディスクに保存し、編集していく場合の画像形式は無圧縮Bitmapでかまわないだろう。キャプチャした画像一つの容量ははHoI2のセーブデータ一つよりも容量が小さいからだ。この容量を確保するのが厳しいという人には、ハードディスクの増設を勧める。
自分のハードディスク容量を節約したいのならば可逆圧縮のPNGを使用しよう。JPEGは編集→保存を繰り返すごとに劣化するのでオススメできない。

アップロードするときに使われる画像形式は色々ある。おそらく最も一般的に使われているのはJPEGで、その次にGIF,PNGなどが続くだろう。
お勧めしたいのはPNGかJPGだ。

PNGはいわゆる可逆圧縮で、圧縮時の画像の劣化がない。その代わり容量は大きくなる。ズレの問題解決としてアスキーアートの画像を貼るならば2色PNGを強く勧める。
反対に不可逆圧縮の代表はJPEGで、圧縮時の画像の劣化がある。特に輪郭がはっきりした部分で劣化は顕著であり、文字がかかれた画像を貼るときは考慮しなけらばならない。その代わり設定しだいで容量を極めて小さくすることが出来る。
そこ!「JPEGにも可逆圧縮があるよ」と言った混ぜ返しをしない!(実際にあるけどさ)

参考:JPEGの劣化について
http://arena.nikkeibp.co.jp/qa/trouble/20040409/108386/
http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/jpeg.html

画像ファイル容量縮小指南

aaacafeに置かれていた前wikiが高負荷によって一次凍結されたことを鑑み、
画像ファイルサイズの縮小方法を指南!

画像縮小の落とし穴

画像を縮小すると画素数が減るので容量を削減するのに効果的である。
だが、ちょっと待って欲しい。
縮小に使われるアルゴリズムはいくつかあるが、綺麗に縮小するために色数が増えてしまうものがある。
これにより画素数が減ったかわりに色数が増えたため、期待通りの削減効果が得られないことがある。
十分に気をつけて欲しい。

減色

減色は劣化と引き替えに劇的にサイズを削る事が出来る。
256色と言わずに128色、64色、32色、16色、(アスキーアートの画像化なら2色)とサイズと結果を見ながら減色しよう。

256色では見栄えがしないとお嘆きなお方にPadieというソフトがお勧め。
このソフトは非常に綺麗に減色してくれる。まさに神ツール。
Padie http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se063024.html
Yukari http://omoikane.my-sv.net/

PNG最適化

『最適化』この作業で20%以上も縮む事もあるので侮ってはいけない。

PNGGauntlet http://brh.numbera.com/software/pnggauntlet/
OptiPNG http://optipng.sourceforge.net/
BlastPNG(OptiPNGなどのフロントエンド) http://omoikane.my-sv.net/

なお、これらの画像縮小技術は妖精現実 フェアリアルの記事に詳しく載っているので参照してみると良いだろう。

PNG事例

比較対照

Chi_a.png
Chi_aa.png
chi_aaa.png

元画像(上) Chi_a.png(640x480) 262KB(使用色数52060色)
→ Padieで256色に減色 112KB
→ OptiPNGで最適化(中) 96.7KB
合計で165.3KBの節約

元画像(上) Chi_a.png 299,882B(使用色数52060色)
→ BlastPNGで処理(色数64色、ディザなし、ほかはデフォルト)(下) 55,470B
合計で244,412Bの節約

JPG

大抵の画像編集ソフトでは保存時の圧縮率を設定できるので、出力画像と容量の兼ね合いを見ながらサイズを小さくしよう。

JPG最適化

carmine http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se279366.html

JPG事例

Chi_aa.jpg

元画像はPNGの上 Chi_a.png(640x480) 299,882B
→ Paint.NET で画質60で保存 49,981B
→ carmineで最適化(この画像) 48,841B
合計で251,041Bの節約


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-26 (金) 21:09:25 (3250d)