DDマルチプレイ-ソビエト視点AAR

1940年 枢軸三大国

ソ連邦、今年の戦略

今年は大胆にも総勢80師団のままインド攻略をする予定である
ついに動き出したドイツ、39年9月1日にポーランド併合、9月5日にヴィシー成立
破竹の勢いで突き進むドイツ軍と国境を接したソビエト連邦はさすがに軍拡をはじめる(予定)

現状のソ連軍
歩兵戦車司令部空軍海軍
ソ連803100
ジューコフ.jpg

ドイツが拡大したというのに・・・なんという紙軍備、中の人は間違いなく無防備マン
いまだ陸軍80師団のくせにインド攻略とか・・・ソ連に明日はあるのだろうか

枢軸国の情勢

ついにハンガリーが4ラインとなり、枢軸国は独伊洪の3大国による研究体制が整った。
対するソ連は未だに日本と結んでおらず、ソ連単独の研究体制であるため技術の差が心配される。

枢軸三国ドイツイタリアハンガリー
実効/基礎454/302108/8690/62

1月 イギリス陥落

DDMSAAR34.JPG

いつのまにやらイギリスに上陸していたドイツが英本土を南半分占拠していた
(ソ連が生産計画やらインド攻略作戦の準備やらで忙しかったため見てなかった)

スターリン.jpg

うお!いつのまに攻略したんだ!?

ヒトラー.jpg

なんか全然軍がいなくてね。上陸作戦かけても海軍もでてこなかったよ。
でも、いざ上陸すると属国軍とイギリス軍が集まってきてね。存外苦戦してるよ。
イギリスAIはよくわからんなあ・・・

スターリン.jpg

こりゃらっきー、インド攻略がラクになるな

2月 アフガニスタン攻撃

インド攻略作戦の前段階としてアフガニスタン併合が決定
アフガニスタンへと全赤軍80師団がなだれ込み3月には併合

日ソ米首脳会談

スターリン.jpg

邪悪な帝国主義のアメリカ野郎とアジアの解放者日本と話し合いを行おう。
インドへ侵入する前にアメリカと日本の承認を得る必要がある。

ジューコフ.jpg

分かりました、同志スターリン。
偉大なる同志東条と邪悪な帝国主義者のルーズベルトと回線を開きます。

スターリン.jpg

やあ、ソビエト最高の友人である同志東条君。
・・・とアメリカ大統領ルーズベルト君

東条首相.jpg

こんにちわは、スターリン書記長

ルーズベルト.jpg

やあやあ、同志スターリン君

スターリン.jpg

日米に対して回線を開いたのは他でもない、インドを「解放」するので承認をいただきたい

東条首相.jpg

わが国はかまいませんよ、陸伝いのソビエトなら人的資源も手に入りますしね。
せっかく沢山でるのですから活用できる国が取るべきでしょう。

ルーズベルト.jpg

わが国はいまだ軍備は整わず、ドイツに対して危険な状態だ。
ソビエトとアメリカは手を組まなければなるまい!
その為にインドの解放は仕方がないと思っている。

スターリン.jpg

大丈夫大丈夫、大西洋をドイツが越えるわけないじゃないか。
隣にソ連がいて遠征するなんてことあるわけないさ!
(やっぱ気づいてるか、ドイツがアメリカ襲うの)

東条首相.jpg

あー、スターリン書記長
インドは良いとして、マレー半島はどうしましょう?

スターリン.jpg

できればわが国がタイまで占領して陸伝いにしたいところだが。
まあ、日本が欲しいならどちらでもかまいわない。

東条首相.jpg

それならばソ連が取ってOKです。
わが国はしばらく連合国と戦争を始めるつもりはありませんから。

スターリン.jpg

感謝する。工業化のため希少資源が将来足りなくなりそうなのでね。
余剰の資源は格安で譲ることを約束しよう。

3月 インド侵攻作戦

アフガニスタン攻略が済むと即座にイギリスに宣戦布告

DDMSAAR30.JPG
スターリン.jpg

インド解放作戦開始!
ソビエト連邦は植民地から富を収奪する邪悪なる大英帝国に宣戦布告する!

ジューコフ.jpg

同志スターリン、ソビエトは80師団しか有しておりません。
いかにAIのイギリスといえども属国軍が集結すれば危ないのでは?
陸軍ドクトリンも史実年度研究していてあまり進んでいませんし。

スターリン.jpg

これは賭けだ、その分工場に費やすことで、将来米独に打ち勝つための国力をつける。
この場面を乗り切ればソビエトの栄光は約束される。

ジューコフ.jpg

わかりました、同志スターリン。
それでは侵攻軍の将軍には私を始めスキルの高いコネフ、ヴァシレフスキーなどの将軍を用い
経験をつませスキルUPを狙い。将来の独米戦へ備えます。

スターリン.jpg

よろしい、十分にスキルを上げ未来の勝利へ向かい前進するのだ。

ソビエト連邦の青写真

ソビエト連邦はもともと人的資源が多い国なのは言うまでもないが
それにプラス、海外領人的資源を増やす大臣とインドをプラスするとさらに多くの人的資源がえられる。
軍隊とは「人的資源」を「工業力」で変換したものである。人的資源がなければ軍隊の数は頭打ちで増加させることができない。
逆も同じで人的資源だけ多くても工業力が無ければ、頭打ちにならずとも生産できる数が人的資源に対して少なく、豊富な人的資源をあまり活かすことができない。
作者的にはデフォのソビエトでは人的資源だけが多くて変換する工業力が少し足りない感じで、最低でも実効IC400は欲しいと思っている。
今回はインドの人的資源を獲得しつつ、ほぼ非軍備状態で工場を拡張することで。
ソビエト連邦の保有できる軍隊がかつて無いほどの規模に拡大し、他を圧倒しようという狙いである。
ソビエトの工場拡張はある大きなメリットがあるのだがそれはまた後述する。

8月 インド攻略-経過

DDMSAAR31.JPG

全軍を投入したインド攻略作戦はブータンとかネパール軍相手に何度か敗走しつつ
順調に進んでいた

ジューコフ.jpg

属国軍が集結して邪魔してきましたが・・・何とかインド征服できそうですね

スターリン.jpg

こんな調子でドイツ軍がバルバロッサしてきたらどうなるんだろうな・・・

11月4日 イギリス降伏

DDMSAAR32.JPG

ソ連軍によるインドのVP失陥、スエズ運河などの北アフリカへイタリア軍が遠征したため
そのVPをほとんど失ったイギリスの降伏イベントが起きた。
これに対してドイツは傀儡化を選択、英国海軍が枢軸陣営へ編入されることとなった。

ヒトラー.jpg

英国げーっと!ロイヤルネイビーは輝かしきドイツ陣営に編入!

ムッソリーニ.jpg

大変結構!

ホルティ.jpg

すごい!

ルーズベルト.jpg

ゴミクズが傀儡になってもかわらん。
それより英国降伏が引き金となって”戦争準備”イベントが4回目来たな
タカ派全開ですばらしい!

スターリン.jpg

なんと邪悪な米帝国主義なんだろうか!
退廃的で邪悪な主義とはいえ、自らと同じ資本主義である同志の降伏を喜ぶとは!
世界はこの邪悪を許してはならぬ!

ヒトラー.jpg

まったくですな、同志スターリン。
市場タカ効果のコスト-40%でIC800などと、ふざけたことになる国家を許すわけには行きません


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3960d)