アイルランド交響曲 -An Irish Symphony- に戻ります
1945年 "Long Long Journey" に戻ります

"Hope Has a Place" -1946年

遥々来たぜオセアニア


ダブリン市街
アイルランド首都 ダブリン 1945年 晩秋──

グリーン.png

報告します!
オーストラリア・キャサリン港を最終目的地とした我がエール輸送艦隊より、
先ほど無事入港を完了した旨の連絡が入りました!

デ・ヴァレラ.png

着きましたか!
輸送艦独行なんて無茶をしましたから、本当に冷や冷やしましたよ……

コスグレーヴ.png

損害は?
一兵も欠けることなく、到着したのか!?

グリーン.png

その点につきましても、併せて確認が取れております。
航路において、潜水艦を含め、一切の会敵はありませんでした。
輸送艦6個部隊海兵隊3個師団山岳師団3個師団いずれも健在です!


艦船


陸兵


デ・ヴァレラ.png

ほぉ〜っ……
いや、よかった、本当によかった!
人的資源を100近く投入した部隊を失ったりしたら、我が国はもう二度と立ち直れませんでしたよ。

コスグレーヴ.png

なにげに、今回の輸送作戦は我が国の歴史において、最大規模の賭けだったからな。
我が国にとって、人的資源難だけはどうにもならん宿痾だ。
その乏しい人的資源を搾り出して、ようやく作ったなけなしの虎の子を独行輸送……ぶるる、なんと恐ろしい。

デ・ヴァレラ.png

人的資源+100のイベントが起こって、これですからね……


人口400万人の国ですから


デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

スマトラ島への侵攻作戦ですが、長期にわたる航海のため、指揮統制がかなり落ち込んでいます。
実施はこれが回復した後ということになりましょう。

マッケンティー.png

また、エール本島にて待機中の歩兵師団6個師団、および輸送艦9個部隊ですが、
これは「準現代型歩兵師団」の研究、および装備改変が完了し、かつ現在建造中の
「改良型駆逐艦」がロールアウトし次第、豪州へ移動させる予定です。

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

こちらにつきましては、1946年の夏以降になりそうです。
現状では、今すぐ使えるのは海兵3個、山岳3個の計6個師団のみになりますね……

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

駆逐艦などとあわせて編成中の新規海兵隊師団ですが、こちらも3個師団揃うのは来年になります。
AARの中の人の主義により、海兵隊を3個師団未満で前線に送ることはありえませんので、
この編成途上の海兵隊師団も、今回はお蔵入りとなります。

デ・ヴァレラ.png

結構です……いざとなったら、オーストラリア軍の指揮権を借りるなりして、侵攻用の兵力を借りるとしましょう。
それと……海軍大臣、輸送艦部隊にもう一働きをさせてください。
スマトラ島周辺海域を遊弋し、敵地上部隊の有無を探ってみて欲しいのです。

グリーン.png

ゲェーッ!
非武装の輸送艦に強行斥候をさせるですとォーッ!
ティーシャクは鬼ですか!

デ・ヴァレラ.png

我ながら酷いとは思いますが、何とかよろしく頼みます。
スマトラ島の敵兵力の配置によって、上陸地点を考えなければならないので……

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

まぁ、それは道理でしょうね、寡兵ですしね……
もっとも、上陸作戦に大部隊をつっこんでも無駄なんですが……

グリーン.png

……わかりました、輸送艦部隊にその旨の指令を出しておきます。
ああ、どうか空母部隊と接敵したりしませんように……








ザブザブ








グリーン.png

うーい、たでぇまー。

デ・ヴァレラ.png

何ですよ、その変な挨拶は。気が抜けるなぁ。
で、スマトラ島の敵軍の配置状況、どうでした?

グリーン.png

あいつらパープリン!
見てよこれ!


今村善政にもほどがある


デ・ヴァレラ.png

( ゚д゚)……

グリーン.png

ついでにジャワ島も見てきた!
ジャワ島っつったら、要所であるジャカルタのあるところ!
見ろ! さぁ見ろ!


別に爆撃喰らって蒸発したわけじゃないんだぜ!


デ・ヴァレラ.png

( ゚д゚)

デ・ヴァレラ.png

( ゚д゚)……

デ・ヴァレラ.png

( ゚д゚ )

コスグレーヴ.png

こっち見んな。

デ・ヴァレラ.png

何で?
何で戦略の要所、希少資源の産出地が、無防備

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

これは……罠……なんでしょうか?
誰の罠? 孔明? 天狗? カーチャン

グリーン.png

ちなみに、スマトラ島のガラ開きの3プロヴィンス、ドマイ、メダン、パダンのうち、
ドマイ、メダンには揚陸可能な砂浜があります。
しかもその3プロビ押さえちゃえば、我が国の希少資源赤字は一気に黒字転換。

グリーン.png

つーかもう、天佑通り越して気が抜けるっつーか何つーか、
気味が悪いわ!

コスグレーヴ.png

何だかなぁ……気合入れて海兵隊とか用意したのがバカみたいだ……

デ・ヴァレラ.png

ですが……どう考えても、これは千載一遇のチャンス!
これをみすみす逃したら、お天道様に顔向けできない!

デ・ヴァレラ.png

罠だァ? 上等だ!
矢でも鉄砲でも、天狗でも孔明でもスターリンでも何でも持ってきやがれ!

スターリン.png

呼んだ?

デ・ヴァレラ.png

帰れ!

スターリン.png

ちぇー。

コスグレーヴ.png

ちょっと待て、今のは誰だ!

デ・ヴァレラ.png

んなこたぁどうでもいいんです!
総参謀長、作戦開始、作戦開始です!

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

はっ、喋ってるうちにいつの間にか指揮統制も回復しました!

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

全軍に通達!
我が軍はこれより遣豪派遣軍の全力を以って、メダン、およびドマイへの強襲揚陸を敢行!
スマトラ島制圧作戦を開始する!










スターリン.png

うーい、たでぇまー。

ベリヤ.png

どこ行ってたンスか書記長。
昼食後から姿が見えませんでしたけど。もう夕方スよ?

スターリン.png

んんー? ちょいと京成スカイライナーでダブリンまでよ。
あいつらひでぇんだぜ、呼ばれたから行ったのに茶も出さずに追い返しやんの。

モロトフ.png

何を言ってんですよ。
ベルギーからワッフル届きましたけど食べます?

スターリン.png

もらうー。

スマトラ島へ!

デ・ヴァレラ.png

作戦の状況はどうか!

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

はっ!
我が精鋭部隊は揚陸に際し、我が方に数倍する敵兵力の頑強なる抵抗に遭うも、これの殲滅に成功!

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

多大なる損害を出しつつも敵戦力の撃滅、掃討に向け、スマトラ島北部を制圧中!
敵、日本軍の重戦車を一車また一車と駆逐しつつ、もっか激戦の最中であります!

デ・ヴァレラ.png

嘘だね?

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

……

デ・ヴァレラ.png

う、そ、だ、よ、ね?

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

(´・ω・`)ショボーン

デ・ヴァレラ.png

で? 本当のところは?
我が軍の精鋭部隊は、どう戦ってるって?

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

戦うもへったくれも。


馬鹿にされた気分


デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

ご覧のとおり、無血占領ッス。
我が軍は、抵抗のテの字も無いまま、メダン、ドマイを確保しました。
爆撃機すら飛んでこないの。何でなんですかね、この無防備ぶりは……

コスグレーヴ.png

わざわざ海兵隊作って、初陣がこれか……
クリスマス前にはパダンの制圧もできそうだな。

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

もっとも、残る2プロヴィンスのパレンバンオストハーフェンには日本軍が塹壕掘って籠ってますので、
無血占領というわけには行きません。ある程度の損害は覚悟しませんと。

コスグレーヴ.png

こちらは6個師団しかいないうえに、塹壕と来たか。
その両プロヴィンスはかねてより度々英米軍機が爆撃してはおるが、あまり楽観視もできんな。

デ・ヴァレラ.png

巷間、攻め手は守り手の3倍の戦力が必要と言いますからね……
日本軍が何個師団をここの守りに置いているか分かりませんが、援軍の歩兵師団と海兵隊師団が到着する、
46年の夏を待つべきかもしれません。

コスグレーヴ.png

とか言ってる間に、山岳師団がパダンを落としたぞ。
とりあえず、敵の戦力を図る意味でも、一回だけ攻めてみるべきではないだろうか。
まだ初陣も飾っていないわけだし、一戦してその結果を見てからでも遅くはあるまい。

デ・ヴァレラ.png

そうですね、ですが攻めるのは一度だけです。
ドマイの海兵隊3個師団を主攻、パダンの山岳師団を助攻、支援攻撃担当とします。
これで負けたら素直に退いて援軍を待ちましょう、人的資源の無駄遣いはなんとしても避けないと……

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

勝ちました。

デ・ヴァレラ.png

(゚Д゚)ハァ?

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

(゚Д゚)ハァ? じゃないですよ、我が軍はパレンバンを制圧しました。
……オストハーフェンへの攻撃は、如何いたしますか?

コスグレーヴ.png

ちょっと待て、46年にもなって、たかだか3個師団ずつの改良型海兵師団基本型山岳師団が勝ててしまう、ってことは……

デ・ヴァレラ.png

……敵の指揮統制が回復しないうちに、オストハーフェンも攻めましょう。
海兵隊がパレンバンの制圧を完了し次第、同じく6個師団で上下から攻撃です。

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

1946年1月24日、スマトラ島における最後の日本プロヴィンスであるにオストハーフェン籠る
敵日本軍に対し、我が軍6個師団が総攻撃を開始!


激戦!


どうだ!


デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

そして至極あっさりと勝利!

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

ご覧いただきましたとおり、我が軍の精兵たちは、見事敵軍の一掃に成功!
そして1946年2月1日、オストハーフェンの占領に成功!
スマトラ島の主要5プロヴィンスを、我が軍が全土占領いたしました!

デ・ヴァレラ.png

よ……よ……よくぞッ……!!
よくぞ成し遂げてくれた……ありがとう、ありがとう……!
これで、我が国は希少資源の途絶による破産から救われた……!

マッケンティー.png

物資輸送船をちょこちょこ作り溜めしておいてよかったですね。
護衛艦は50隻もありませんが、輸送船だけなら200隻以上の作り置きがありますよ。
もっとも、足りなくなる可能性もありますので、まだまだ建造する予定ですが。


資源産出量が占領したてで回復してないので、まだこんなもんです


コスグレーヴ.png

…なぁ、感動に打ち震えているところ悪いんだが、ちょっといいか?
型落ちの海兵隊なんぞ*1で一掃出来てしまうって……
一体、敵部隊はどのくらいの数がおったんだ?

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

えぇと、それがですねぇ……


パレンバンから敗走した部隊は消滅したのかな?


デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

こんな按配でして。

コスグレーヴ.png

6:1かよ!
攻め手は守り手の三倍〜云々って、6倍いたのかよ!
て言うか何でこんなに守りが薄いんだよ!

デ・ヴァレラ.png

本当に、いったい何なんでしょうか、このボーナスステージは……

バックリー.png

極東情勢は複雑怪奇。

デ・ヴァレラ.png

シーナスカルに退陣フラグが!

横取り40萬

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

3月6日、我が軍は陸路でバンカ島に到着、抵抗なしにこれを制圧。
これを以って、スマトラ島の6プロヴィンスの全制圧が完了しました。

デ・ヴァレラ.png

お疲れ様でした。人的資源の損耗も最小限度に抑えられたようで、何よりです。


アイルランドで5.51はでかいよね、やっぱり……


デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

また、3月2日に6ライン並列生産していた駆逐艦の第一陣がロールアウトしております。
早速、輸送艦部隊と組ませることとしましょう。

コスグレーヴ.png

うむ、その輸送艦に追加派兵分の海兵隊3個師団を積み、また豪州へ送り出すとしよう。
スマトラ島を落としたのだ、次はジャワ島だな。

デ・ヴァレラ.png

ええ、合計9個師団の組織率等が回復し次第、第二次上陸作戦を決行するとしましょう。
どうせまた守備スカスカだろうし。

アイケン.png

ええ、それでは3月初頭現在のジャワ島の敵守備隊配置図を……
あ!


い、いつの間に


デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

な!

マッケンティー.png

なッ!

コスグレーヴ.png

なななななッ!

デ・ヴァレラ.png

何しとんじゃアメ公ォォォォォッ!!

コスグレーヴ.png

これはやられた……
バンカ島に兵を進め、「ヘー、パレンバンから陸路でいけるんだ*2」なんて感心してる最中に、
あいつらいつの間にか上陸してたんだな。気づかなかった、不覚だ……

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

とりあえず、今後はどうしましょう?
未占領の島の東半分だけでもいただきますか?

デ・ヴァレラ.png

未充足の部隊を送り込んじゃ駄目ですよ。
しょうがない、ジャワ島はアメリカに譲って、我々は別の収奪地を探しましょう。
……え〜と、手ごろなところは……


南部3プロヴィンスで希少資源を9産出


デ・ヴァレラ.png

ベトナムかなぁ。

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

了解いたしました。
とりあえず、次の目標はベトナムということに仮決定しておきます。

デ・ヴァレラ.png

後々変わるかもしれないけど、用意だけしといてくださいね。
歩兵師団とかもベトナムに回さないと。

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png

かしこまりました。
あ、そうそう、オストハーフェンに展開中の我が軍なんですけれども。
日本軍に度々爆撃されてますが、如何いたしますか?

コスグレーヴ.png

如何といわれても、我が国には迎撃機なんて1機も無いぞ。
空戦ドクトリンもろくすっぽ研究しとらんし。

デ・ヴァレラ.png

うーん、とりあえず対空砲を作りますか。
今はオストハーフェンから離れるわけにはいかないので。
これも地味に人的資源を食うなぁ……どうしよう。

デ・ヴァレラ.png

ん〜……

母国に頼ってみる……かな。

エボニー・アイリッシュ

ラトリッジ.png

ティーシャク、ちょっと宜しいですか。

デ・ヴァレラ.png

おお、初登場の内務大臣じゃありませんか。
どうしましたかね。

ラトリッジ.png

移民管理局なんですが、今月やたら大勢移民申請がありまして、
オーバーワーク気味になってるようなんですが……
何事でしょう? こんなに増えた原因、やはり先日のアレでしょうか?

デ・ヴァレラ.png

ああ、アメリカの主要紙各紙に載せた政府広報ね。
『アイルランド系アメリカ人の諸君、アイルランドに力を貸してくれ!』っていう、逆移民奨励広告。
あれが効いてアイルランド系アメリカ人がいっぱいやってきたと、結構結構。

ラトリッジ.png

アイルランド系……というか、ですね……
なんかユダヤ人が大勢来てるんですが……

デ・ヴァレラ.png

それは新聞広告は関係なく、元からですよ?*3
我が国はユダヤ人差別をしません。プロテスタントの北部も、カトリックの地域も、みな等しくです。

ラトリッジ.png

元アメリカ国籍の人間にも、なんかイタリア系やギリシア系の苗字の人間が混じってまして……

デ・ヴァレラ.png

母方の祖母とかがアイルランド系だったんでしょう。
「証明書は特に不必要、自己申告でOK」という旨は伝えてあるはずですが。

ラトリッジ.png

黒人インディアン*4までいるんですが……

デ・ヴァレラ.png

きっとご先祖様が、アイルランド系の人間とのハーフだったんでしょう。
どういう過程で産まれたかは詮索しちゃいけませんよ、カトリックはそういう下卑たこと考えちゃいけません。

ラトリッジ.png

どうみても日系中国系なんてなアジアンまでが……

デ・ヴァレラ.png

じゃがいも飢饉の時、日本や中国に移民した人々の子孫でしょう。
100年ぶりのふるさとです、温かく迎えてあげなさい。

ラトリッジ.png

……ぶっちゃけた話、いいですか?
確かに人的資源に恵まれない我が国が、その労働力を海外に求めなければならないのは理解できます。
しかし、「自称アイルランド人」をやたらに増やしちまって、我が国を移民国家にでもするおつもりですか?

デ・ヴァレラ.png

それの何が問題ですか。
エールはこれまでずっと、「逃げ出す側」の国だったんです。
それが今や迎える国になっただけの話でしょう、誇りなさいよ。

デ・ヴァレラ.png

食い詰め者がエールに流れてきただけ? なら工場での仕事を斡旋しなさい。
前科者がエールに逃げてきただけ? なら捕まえて工場で働かせなさい。
差別に苦しんでいる人々が落ち延びてきただけ? なら温かく迎え、工場の職をあてがいなさい。

デ・ヴァレラ.png

はっきり言っておくがな、なりふりなんてかまってらんねーんだよ。
反論がおありなら対案を示しなさい。
感情論は聞きません。以上です。

ラトリッジ.png

……失礼します。

デ・ヴァレラ.png

……。

デ・ヴァレラ.png

「自称難民」の外国人が大量に流入すれば、治安が悪くなるってかい?
内務大臣なら、そういったことを心配するのもわかるさ、ええ、わかりますよ。
だが、それを抑えるのもまた内務大臣の仕事でしょうがよ。

デ・ヴァレラ.png

……ガキの使いやってんじゃねーんだよ、ちったぁわかれよ……!


自称避難民、アメリカより来たる


ラトリッジ.png

すんません失礼しまーす、言い忘れてたことが一件ありましたんでご報告でーす。

デ・ヴァレラ.png

なんですか、びっくりしたなぁもう。
また難民の国籍の話ですか?
こんどはどこ? インド? ブラジル? ケニア?

ラトリッジ.png

えーそれがですねー、スペインからの移民が

デ・ヴァレラ.png

追い返せ!

……ハッ! Σ(゚Д゚,,),

ラトリッジ.png

ニヤニヤ(・∀・)

デ・ヴァレラ.png

ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン ダマシタナ!

ラトリッジ.png

ニヤニヤ(・∀・)
ニヤニヤ(・∀・)
ニヤニヤ(・∀・)

デ・ヴァレラ.png

ヽ(゚血゚)ノ キー!










デ・ラ・ポエル・ゴウ.png というわけで、ようやくここ数年の希少資源不足を解消し、そして行き当たりばったり的にベトナムを狙い……

デ・ラ・ポエル・ゴウ.png ……後にこの邪な野望を大後悔するとも知らぬまま、1946年は過ぎていったのでした。










蛇足

バックリー.png

今回は随分更新までに間が開いたな。

デ・ヴァレラ.png

フヒヒwwwサーセンwwwwwww

バックリー.png

遅れた理由が、実に情けないがな。
書いてたAARがまるまる全部消えたそうじゃないか。

デ・ヴァレラ.png

このAARの中の人、めんどくさがって一回メモ帳とかに下書きしたりせず、
wikiに直書きしてるんですよ。何度もプレビューしながら。

バックリー.png

で、書いてる途中に間違ってウィンドゥ閉じちゃったか何かしたわけか。
馬鹿だねぇ……

デ・ヴァレラ.png

もっと酷いです。
この中の人、AAR書きながら気分転換に、別のゲームやってたらしいんですよ。*5

バックリー.png

うん、それで?

デ・ヴァレラ.png

それで、「パラダイスモール」っていうゲーム内に出てくるショッピングモールに行って、
モールの前に停めてある車を破壊して遊んでたら。

バックリー.png

破壊して、遊んで、そしたら?

デ・ヴァレラ.png

フリーズしたそうです。
CTRL+ALT+DELも何も効かない。電源落とすしかなくなったそうで。

バックリー.png

バカだねぇ……
AARの下書きを用意しないのも、AAR書きながら別のゲームやるのも。

デ・ヴァレラ.png

しかもやってるゲームが、ガンガン不正終了で落ちるアレ*6ですよ。
危機管理が出来てないんだ、中の人。

バックリー.png

AARの中身自体もそうじゃないか。行き当たりばったりが酷すぎるよ。
希少資源がなくなったからってんで、しょうがなく連合国入りして日本の上前ハネに行ってるけど、
これで希少資源が足りてたら、どうするつもりだったんだ?

デ・ヴァレラ.png

その事前の計画については、「延期はしたがあきらめてはいない」だそうです。
今後、出てくるかもしれませんね。

バックリー.png

期待せずに待っとるよ。

1947年 The Sun in The Streamに進みます


*1 とはいうものの、陸戦ドクトリンは全部開発済みなんだよ
*2 バンカ島からは希少資源じゃなくて、鉄が出るよ。
*3 史実でも、大戦前後を通じてアイルランドはユダヤ人を受け入れていました。もっとも、殆ど来ませんでしたが。
*4 この時代に「ネイティブ」っつーのはおかしいべ。
*5 正確にはPOSTAL2 AW7。MODです。
*6 MOD入れて以降、異常に不正終了しやすくなりました

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 00:00:00 (3395d)